旭区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

50周年ボッチャで盛り上げ 普及進め、来秋に大会

スポーツ

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
都岡地区センターで体験する中学生ら
都岡地区センターで体験する中学生ら

 旭区内で「ボッチャ」を普及させる動きが進んでいる。進めているのは一般社団法人あさひ区民利用施設協会。区制50周年に合わせて来秋には大会を企画中で、体験会なども各地で行われている。

 ボッチャは障害者スポーツとして普及し、2020年東京パラリンピックの正式種目として行われる競技。ジャックボールと呼ばれる白い目標球に赤・青それぞれ6つのボールをいかに近づけられるかを競う。

 区内で地区センターやコミュニティハウスなど11施設を管理運営するあさひ区民利用施設協会では、障害の有無や年齢に関係なく多くの人々が参加できることから、ボッチャを来年の区制50周年を盛り上げるための独自企画として採用。来年に区内各地で予選会を開き、各予選を勝ち抜いたチームを集めた「あさひボッチャ選手権」を開催する方針だ。

独自ルールで楽しみやすく

 競技を普及させていくため、現在同協会では旭区独自のルールも考案中。例えば多くの人で楽しむために3人から6人でのチーム戦のみに限定し、コートは通常よりコンパクトにして狭い施設でも実施できるように配慮。また、パラリンピックではチーム内でのアドバイスなどは禁止されているが、そのような制限は設けず楽しみ盛り上がりながらプレーできるように考えられている。

 ルールは年内を目途にまとめ、ルールブックを製作。審判講習なども行い、大会開催に向けて準備を整えていく。

各施設で体験可能

 すでに同協会が管理運営する11施設には競技用具が用意されており、施設によっては簡単な体験コーナーも設置されている。鶴ヶ峰コミュニティハウス(鶴ヶ峰本町)では12月16日(日)に体験会を開催。また、都岡地区センター(今宿西町)では来年1月24日(木)に実施予定など、年明け以降は各地で体験会やチーム登録を本格的に行っていく予定だ。

 これまでに10月の区民まつりや、11月の本村スポーツ会館でのイベントでも体験が行われ、同協会によると参加者からは「面白い」「ぜひ練習したい」という声も上がっているという。同協会の仲俣正之事務局長は「ボッチャは子どもから高齢者まで皆が楽しめる競技。旭区の新しい魅力として、定着させていきたい」と話している。

旭区版のトップニュース最新6

ハンガリー大使訪れ大会

旭区サッカー協会

ハンガリー大使訪れ大会 社会

コロナ禍で2年ぶり

12月2日号

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

12月2日号

地域と歩んだ半世紀

上白根中

地域と歩んだ半世紀 教育

23年の統合前に節目祝う

11月25日号

ステージのみ2月開催へ

旭区区民まつり

ステージのみ2月開催へ 文化

有観客で生配信も予定

11月25日号

コロナ禍の育児支援模索

あさひ子育て保育園ひろば

コロナ禍の育児支援模索 社会

遊びなど動画配信

11月18日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 社会

8割執行見込も減額調整

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook