旭区版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

バリアフリー情報ムック出版 県内の特別支援学校保護者らが

社会

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena
冊子を手にする製作メンバーら
冊子を手にする製作メンバーら

 障害がある子どもも、共に生活している家族も、もっと外に出て生活を楽しもう――。県内の特別支援学校に通う子どもを持つ親が中心となり、バリアフリー情報ムック「enjоy ist。かながわ」を出版した。

 冊子内では4つの家族の「我が家のエンジョイスタイル」に焦点が当てられている。四肢麻痺の障害のある娘とともに専用の座位保持器具を取り付けたヨットで航行を楽しんだり、養護学校に通う娘とともに観戦するJリーグ川崎フロンターレの応援が元気の源だという家族、四肢麻痺と知的障害があり車椅子を使いながらも、キャンプを楽しんだりとそれぞれの家族の姿が紹介されている。

 冊子の製作委員会代表を務めたのは15歳の娘・花歩さんが上菅田特別支援学校(保土ケ谷区)に通う田中朋子さん=人物風土記で紹介。自身も娘とともに音楽ライブイベントに度々訪れるという生活を送る。このライフスタイルを同校の佐塚丈彦校長に話したところ、「その姿を発信してみては」と冊子制作の提案を受けた。

 有志9人とともにチャレンジが始まったのは昨年6月。取材や撮影、デザイン…各々が得意とする分野を担当しながら仲間とともに作り上げた冊子には、県内のお出掛けスポットや黒岩祐治県知事や県立こども医療センターの医師へのインタビューなども盛り込まれている。

 書籍は648円で全国の書店で販売されているほか、ネットからの購入も可能。問い合わせはジアース教育新社【電話】03・5282・7183へ。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

法改正でイベント開催

運転免許センター

法改正でイベント開催 社会

寺尾聰さんが登場

5月19日号

3年ぶりの生け花展

あさひ茶花道協会

3年ぶりの生け花展 文化

21・22日 サンハート

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月19日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook