旭区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

新春寄稿 旭区誕生50年を迎えて 横浜市会議員 古川なおき

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 新年明けましておめでとうございます。今年、旭区は誕生50年を迎えます。緑や公園が多い旭区は鎌倉時代に将軍源頼朝に仕えた畠山重忠公の終焉の地です(重忠公は智・仁・勇を兼ね備えた「坂東武士の鑑」と称された名将で吾妻鏡、歌舞伎や文楽に登場します)。地元を愛する人が多い地域は治安も良く、隣近所と穏やかに暮らすことができ、災害時にも助け合えるので、旭区の先輩たちは畠山重忠公の終焉の地であることを旭区の周年行事の節目に子どもたちを中心に伝え、郷土愛を育んで来ました(以前作成した「地域の絆を育む条例」も同じ思いです)。区内には当時を伝える様々な碑があり、鶴ヶ峰の薬王寺では毎年区長も出席して慰霊祭も行われています。

「畠山重忠公と小笠原流」

 一方、鶴岡八幡宮の流鏑馬で有名な弓馬術礼法小笠原流は、初代小笠原長清が源頼朝の指南役を務めて以来、徳川慶喜まで歴代将軍家の指南役を務め、一子相伝で800年以上に渡り「礼法」「弓術」「弓馬術(流鏑馬)」を今日まで奇跡的に継承しています。畠山重忠公は数々の合戦で先陣を務め、頼朝公からの信頼も厚く、その邸は鶴岡八幡宮流鏑馬馬場の東、鳥居付近にあることから小笠原家ともご縁があったと思われます。

「名こそ惜しけれ」

 作家の司馬遼太郎さんは鎌倉時代の坂東武士の精神が今の日本人の倫理道徳観の根源になっていると言われました。「自分の名前を汚すような恥ずかしいことはしない」。畠山重忠公など坂東武士の生き方から学ぶことは多くあるように思います。グローバル化が進みAIが発展しても旭区の歴史を踏まえ、先人達に恥じない旭区、横浜市になるように今年も精進いたします。

 本年が皆様にとって素晴らしい年になりますことを心よりお祈り申し上げます。

鶴岡八幡宮流鏑馬の日記役
鶴岡八幡宮流鏑馬の日記役

古川なおき事務所

事務所/横浜市旭区中希望が丘199-1

TEL:045-391-4000
FAX:045-366-9700

http://www.furukawa2002.com/

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の意見広告・議会報告最新6

市民の声で「カジノの是非」を決めよう!

市政報告

市民の声で「カジノの是非」を決めよう!

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

1月9日号

今年も地域の課題改善に向け、全力

市政報告【6】

今年も地域の課題改善に向け、全力

横浜市会議員 木内ひでかず

1月9日号

横浜の将来に責任ある市政を

横浜の将来に責任ある市政を

横浜市会議員 こがゆ康弘

1月1日号

ラグビーW杯の賑わいを「五輪」へ

新春寄稿

ラグビーW杯の賑わいを「五輪」へ

横浜市会議員 古川なおき

1月1日号

政治の底力が試される時代

県政コラム

政治の底力が試される時代

神奈川県議会議員 おのでら慎一郎

1月1日号

新たな50年へ、躍進する旭区

県議会議員 いそもと桂太郎 県政レポート

新たな50年へ、躍進する旭区

1月1日号

「健康と長寿で再生への挑戦を」

新春レポート

「健康と長寿で再生への挑戦を」

横浜市会議員 大岩まさかず

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク