旭区版 掲載号:2019年1月17日号 エリアトップへ

旭区誕生50周年記念事業実行委員会の委員長を務める 山岸 弘樹さん 若葉台在住 72歳

掲載号:2019年1月17日号

  • LINE
  • hatena

未来を見据え旭区を牽引

 ○…旭区が誕生してから50周年を迎える今年。区内の自治会や団体、企業などから約100人が集まる実行委員会の実行委員長として会を牽引し、区の特徴を生かした記念事業を企画中だ。「半世紀は区としても、区民にとっても大きな節目。今の状況をしっかり確認して、この先のまちの未来を皆で考えていきたい」と言葉に熱を込める。

 ○…福岡県北九州市の生まれで、中学1年生の頃に父の転勤で千葉県へ。就職を機に横浜へ移り住んだ。仕事では発電機器のうち主に大型熱交換器の設計や製造などに携わって全国各地や海外の発電所を巡り、68歳まで勤め上げた。若葉台へ来たのは35年ほど前。とちのき自治会発足後は現役時代から地域活動にも参加し、若葉台のために尽力してきた。単位自治会長を経て2002年からは若葉台連合自治会の会長として、地区全体をまとめる。「高齢化は進んでいるけど、住民の多くが元気で活発。最近では県外からの視察もあるほど」と誇らしげに話すほど自慢のまちだ。

 ○…「基本的にはスポーツ全般が好き」と明かし、かつては自治会のソフトボールチームでも活躍した。連合自治会長となってからは忙しくなり思ったようにスポーツに取り組めないが、週に1度のノルディックウォーキングや、年に数回ゴルフを楽しんでいるという。

 ○…16年からは区の自治会全体をまとめる「旭区連合自治会町内会連絡協議会会長」も兼務する。「困った時に『何とかして区連会(くれんかい)』と言えるような、地域の皆さんにとって近い存在にしたい」と冗談めかすが、すべては地域を良くしたいという思いから。「18区の中で一番頑張っていると自負している。これから変わっていくまちをもっと見たい」。未来を見据え、旭区を率いていく。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

木下 早苗さん

旭区民を中心とした一般公募によるミュージカルを24日に開催する

木下 早苗さん

四季美台在住 

2月20日号

千野 哲太さん

2月23日と24日にサンハートでサックスのリサイタルを開く

千野 哲太さん

笹野台在住 23歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

平井 直人さん

会員制交流サロン「オトナ塾grand」の店長を務める

平井 直人さん

二俣川在勤 46歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月23日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月16日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 20歳

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓の練習成果披露

和太鼓の練習成果披露

打鼓音、3月15日

3月15日~3月15日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク