旭区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

振り込め詐欺 被害額は過去最悪 1年間で約2億円超、78件

社会

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena

 旭警察署(市川弘幸署長)によると、昨年1年間に旭区内で発生した振り込め詐欺の被害額が過去最悪の約2億1千万円に上ったことがわかった。同署では被害抑止に努めているが、今年もすでに被害が発生しており引き続き注意を呼び掛けている。

 区内で2018年に発生した振り込め詐欺の被害件数は78件、被害総額は約2億1千万円。前年と比べて2件、約7000万円の増加で、被害額は過去最悪となった。神奈川県警察によると県下全域の被害額は約57億9800万円にのぼり、区内と同じく過去最悪を更新している。

 昨年は2月に18件の被害が発生したことに加え、毎月被害が発生したことで年間の件数が増加。さらに、1000万円を超えるような高額被害も重なったことで、被害額も前年を大きく上回った。

 被害状況を見ると、息子などをかたるオレオレ詐欺が7割以上を占める。手口は息子をかたって「カバンをなくした」といった口実で現金を用意させるものや、キャッシュカードを渡させて暗証番号を聞き出すものなど。同署では年間を通して自治会などでの防犯講話や各地でのキャンペーンをはじめ、年始には区内の企業や団体の協力で「サギ撲滅の2本柱」を記載した年賀状を配布するなど対策に尽力。金融機関などの協力で未然に被害を防ぐ例も多数あるが、今年に入ってからすでに1件の被害が発生している状況だ(1月24日時点)。

架空請求にも注意

 オレオレ詐欺が被害の多くを占める一方、同署では架空請求をかたった詐欺への注意も呼び掛けている。架空請求で多い事例は、「インターネットサイト利用料の未納料金がある」という名目で、ATMでの振り込みやコンビニエンスストアでプリペイドカードの購入を指示するもの。同署の担当者は「オレオレ詐欺に比べると多くはないが、架空請求の被害も7件発生している。身に覚えのないものは払わず、プリペイドカードを要求された場合も詐欺だと疑って」と強調する。

留守電で「直接話さない」

 対策として同署では、犯人と直接話さないために留守番電話の設定を推奨。また、既存の電話機に取り付ける録音機や、録音機能付きの電話機への変更も効果的だという。

 同署には相談の電話も日々かかってきており、担当者は「まずは犯人と直接電話で話さないこと。話した場合は少しでも違和感があれば、家族や友人、警察などへ相談してほしい」と話している。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

大規模災害備え連携

上白根連合東亜ガス

大規模災害備え連携 社会

背景に防災の担い手不足

9月12日号

相鉄バスで自動運転

里山ガーデン

相鉄バスで自動運転 社会

大型車の営業運行は国内初

9月12日号

ベッドメイクで三連覇

二俣川看護福祉高

ベッドメイクで三連覇 社会

県内高校生が介護技術競う

9月5日号

式典前の最後の全体会

旭区誕生50周年

式典前の最後の全体会 社会

進捗確認し、機運高める

9月5日号

IR誘致を正式表明

横浜市

IR誘致を正式表明 政治

カジノに波紋広がる

8月29日号

子ども向け初の職業体験

ジョイナステラス二俣川

子ども向け初の職業体験 社会

テナントや地域事業所が協力

8月29日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本場のタンゴを体感

本場のタンゴを体感

10月2日にコンサート

10月2日~10月2日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク