旭区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」を始めた南希望が丘中学校の養護教諭 土田 直美さん 横浜市内在住 

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

命の重み 触れる機会に

 ○…南希望が丘中学校で2月20日、3年生を対象に実施する「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」。2013年度から始まり毎年恒例となり、6年目を迎えた。助産師のサポートも受け、生徒たちは赤ちゃんの抱っこやおむつ交換、妊婦体験まで挑戦。「生徒たちは始まる前は緊張しているけれど、赤ちゃんと触れ合うと、すごく良い顔になる」。生徒たちの表情を見て「始めて良かった」と心底感じるという。

 ○…17歳から4歳まで、5人の子どもを育てる母親でもある。交流会を始めたきっかけは、自身の経験からだった。「母にとって出産はすごい仕事。伝えることは必ず子どもたちの役に立つ」と当時の校長に強く働きかけ、賛同を得た。「思春期の真っただ中で義務教育が終わる節目こそ、”生教育”の集大成として、命の大切さや重みに気付いてほしい」。区や地域の子育て応援グループ「K.K.ネットの会」の協力も得て、徐々に地域に浸透。参加する地域の母子は、定員を超えるほどに広まってきた。

 ○…高校時代の養護教諭に勧められ、自身も志すように。生徒の母親にも寄り添う仕事は「悩みを理解しきれていないときもあり、荷の重さを痛感したこともあった」と振り返る。だが最近は「子育ての経験が生かされて、お母さんの悩みが切実に分かる。楽しいと思える」と微笑む。モットーは「最後まで子どもの味方でいること」だ。

 ○…「取り柄は子どもをいっぱい育てていることかな」と明るく笑う。育児と仕事で日々慌ただしいが、「職場の理解と協力で頑張れる」と感謝。目標は養護教諭を務めあげ、働く母親たちをサポートすることだ。「若い世代に還元していくことで、感謝を返せたら」。縁の下の母親パワーで、周囲を盛り上げていく。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

はだ 一朗さん

舞台俳優で、特殊詐欺の防犯演劇で啓発活動を行う「表現のチカラ」代表を務める

はだ 一朗さん

中白根在住 47歳

9月19日号

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

一般財団法人若葉台まちづくりセンターで理事長を務める

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

神奈川区在住 61歳

9月12日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月5日号

関 敏幸さん

笹野台中央商店会の新しい会長を務める

関 敏幸さん

笹野台在住 38歳

8月29日号

青崎 有吾さん

区内在住のミステリー作家として旭図書館で講演会などを行った

青崎 有吾さん

区内在住 28歳

8月22日号

阿部 ゆかりさん

サンハート演劇祭で脚本を担当する

阿部 ゆかりさん

上川井町在住 61歳

8月1日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

朗読と映画で楽しんで

旭区

朗読と映画で楽しんで

「セロ弾きのゴーシュ」を上演

10月12日~10月12日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク