旭区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」を始めた南希望が丘中学校の養護教諭 土田 直美さん 横浜市内在住 

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

命の重み 触れる機会に

 ○…南希望が丘中学校で2月20日、3年生を対象に実施する「中学生と赤ちゃんのふれあい交流会」。2013年度から始まり毎年恒例となり、6年目を迎えた。助産師のサポートも受け、生徒たちは赤ちゃんの抱っこやおむつ交換、妊婦体験まで挑戦。「生徒たちは始まる前は緊張しているけれど、赤ちゃんと触れ合うと、すごく良い顔になる」。生徒たちの表情を見て「始めて良かった」と心底感じるという。

 ○…17歳から4歳まで、5人の子どもを育てる母親でもある。交流会を始めたきっかけは、自身の経験からだった。「母にとって出産はすごい仕事。伝えることは必ず子どもたちの役に立つ」と当時の校長に強く働きかけ、賛同を得た。「思春期の真っただ中で義務教育が終わる節目こそ、”生教育”の集大成として、命の大切さや重みに気付いてほしい」。区や地域の子育て応援グループ「K.K.ネットの会」の協力も得て、徐々に地域に浸透。参加する地域の母子は、定員を超えるほどに広まってきた。

 ○…高校時代の養護教諭に勧められ、自身も志すように。生徒の母親にも寄り添う仕事は「悩みを理解しきれていないときもあり、荷の重さを痛感したこともあった」と振り返る。だが最近は「子育ての経験が生かされて、お母さんの悩みが切実に分かる。楽しいと思える」と微笑む。モットーは「最後まで子どもの味方でいること」だ。

 ○…「取り柄は子どもをいっぱい育てていることかな」と明るく笑う。育児と仕事で日々慌ただしいが、「職場の理解と協力で頑張れる」と感謝。目標は養護教諭を務めあげ、働く母親たちをサポートすることだ。「若い世代に還元していくことで、感謝を返せたら」。縁の下の母親パワーで、周囲を盛り上げていく。

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

7月9日号

横溝 嘉則さん

「旭区の歴史と概要」のDVDを作成した

横溝 嘉則さん

東希望が丘在住 81歳

6月25日号

濱本 茂之さん

旭区青少年指導員連絡協議会の会長を務める

濱本 茂之さん

中希望が丘在住 61歳

6月18日号

仲野 直実さん

家庭倫理の会横浜西の会長を務める

仲野 直実さん

瀬谷区在住 54歳

6月11日号

古屋 明弘さん

旭消防署長に就任した

古屋 明弘さん

緑区在住 54歳

6月4日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月30日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク