旭区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

移動式本屋を営み「横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム@旭区」で講演した 三田 修平さん 若葉台在住 36歳

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

”何か”につながる面白さ

 ○…17日に開催された「横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム@旭区」で「楽しげな学校図書館を作るには会議」というテーマで講演。伝えたかったのは、「本棚を見ているだけで楽しくなるような空間づくり」だ。参加者は現場をよく知る司書が多い中、あえて”外側”から見た視点をキーコンセプトにした。

 ○…左近山出身。もともと読書はあまりしなかったが、会計士を志していた大学生時代に高杉良の経済小説『金融腐蝕列島』に出合い、本の面白さに目覚めた。「人間の営みがつまっている。本の世界の果てしなさを感じた」。会計士を志しながら、卒業後は都内の大手書店に勤務。渋谷の出版社兼書店では店長も務めた。「人が本を買うことで、新しい世界を所有する様子を見るのが楽しかった」。書店の面白さを知り、経営を考えるように。店舗形態で悩む中、子どもの頃、車に入るのを楽しみにしていた「移動図書館」を思い出した。移動式本屋に行き着き、翌12年に「BOOK TRUCK」をスタートさせた。

 ○…活動の底には「何かにつながるかもしれない」という漠然とした期待がある。「ぱっと見ただけでは分からないけれど、世界の面白さが一変する」という読書体験に通じる思いだ。書店形態に多様性が目立つ今、「どれだけ新しいものに出合ってもらうか。空間づくりや、出合う仕組みが鍵になる」と思考を重ねる。

 ○…夢は「働かずに生きていくこと」と冗談交じりに笑うが、独立当初からある目標は大学への出店だ。卒業後に勤務した書店で、本が持つ新しい世界を深く知った。「学生時代に大学図書館では選ばないような本に出合えたら、人生の選択肢はもっと広がるはず」。実現への道のりは困難も多いが、漠然とした期待を胸に前へ進む。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

はだ 一朗さん

舞台俳優で、特殊詐欺の防犯演劇で啓発活動を行う「表現のチカラ」代表を務める

はだ 一朗さん

中白根在住 47歳

9月19日号

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

一般財団法人若葉台まちづくりセンターで理事長を務める

監物(けんもつ) 宏之(ひろし)さん

神奈川区在住 61歳

9月12日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

9月5日号

関 敏幸さん

笹野台中央商店会の新しい会長を務める

関 敏幸さん

笹野台在住 38歳

8月29日号

青崎 有吾さん

区内在住のミステリー作家として旭図書館で講演会などを行った

青崎 有吾さん

区内在住 28歳

8月22日号

阿部 ゆかりさん

サンハート演劇祭で脚本を担当する

阿部 ゆかりさん

上川井町在住 61歳

8月1日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

朗読と映画で楽しんで

旭区

朗読と映画で楽しんで

「セロ弾きのゴーシュ」を上演

10月12日~10月12日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク