旭区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

公民連携で有事備え 爆破テロ訓練実施

社会

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
犯人を確保する警察官
犯人を確保する警察官

 旭消防署・旭警察署などによる「爆破テロ対策連携訓練」が2月28日、相鉄バス(株)旭営業所(下川井町)内で実施された。

 今年、横浜市内で開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会や第7回アフリカ開発会議、来年の東京オリンピック・パラリンピックなどの大規模イベントでの警備体制強化を目的に、実施されたもの。公民の連携を強化するため、消防・警察をはじめ、相鉄バス旭営業所や聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院のYMAT隊も加わり、総勢100人以上が参加した。

 訓練は2段階で実施された。第1段階は、バスターミナル内で爆破テロ事件が発生した想定で開始。負傷者が多数おり、消防署の特殊災害対応隊やYMAT隊も出場した。

 第2段階では、爆破テロの実行犯がバス車内に乗り込んだ想定。運転士が緊急事態発生を掲示し、警察と消防に出場を要請。警察が犯人を確保し、爆破物を安全に処理して訓練は終了した。

 旭消防署の川村滋署長は訓練を振り返り、「各機関で連携を強化し、安全意識を高めていきたい」と強調していた。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

法改正でイベント開催

運転免許センター

法改正でイベント開催 社会

寺尾聰さんが登場

5月19日号

3年ぶりの生け花展

あさひ茶花道協会

3年ぶりの生け花展 文化

21・22日 サンハート

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月19日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook