旭区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

希望小3年生 商店会学び発表会 キャラクター「きぼっち」も考案

教育

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
商店会関係者や保護者に向けた発表会
商店会関係者や保護者に向けた発表会

 希望ヶ丘小学校(平野成昭校長)の3年生が3月5日、1年を掛けて希望が丘商店会(青井純子会長)について学んできたことを同商店会関係者や保護者らを招き発表。児童らが各店舗で体験したことやマスコットキャラクター「きぼっち」を考案したことなどが映像を通して紹介された。

 「商店会を盛り上げたい」。3年生児童らの思いから始まった、今年度の総合的な学習の授業。始めに同商店会の青井会長が講師となり同校で授業を行い、その後、何ができるのかを3クラスで考え取り組んできた。

 児童らは、商店会の店舗を知るために「お店体験」を実施。飲食店のメニューのイラストを描いたり、生花店でフラワーアレンジメントを手伝うなど、各店舗がどのような仕事をしているのかなどを学んだ。また、店舗の魅力を伝えるためのポスター作りのほか、商店会が毎年4月に行っているイベント「希望が丘商店会フェスティバル」のステージで使うバックボードの制作にも携わった。

 5日に行われた発表会では、各クラスが1年間を通して取り組んできたことを児童らの声と映像を使い紹介。参加した保護者は「発表会の練習の様子を家では見せてくれなかったので、今日とても感動しました」と感想を話した。また、フェスティバルの実行委員長を務める鈴木昌弘さんは「感動して涙が出そうになった。子どもたちの力はすごい」と話した。

初のマスコットキャラ

 これまで特定のキャラクターなどはいなかった同商店会。今回の授業の中で、児童らのデザインした「きぼっち」と名付けられたマスコットキャラクターも誕生した。「『商店会を盛り上げたい』という子どもたちの思いが、とても嬉しかった。『きぼっち』はシールにして、各店舗に貼ります」と青井会長は話す。

児童らが考案した「きぼっち」
児童らが考案した「きぼっち」

旭区版のトップニュース最新6

今夏、3年ぶり開催へ

横浜旭ジャズまつり

今夏、3年ぶり開催へ 文化

5月22日にプレイベント

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

被害額が2250万円増

特殊詐欺被害 1−3月期

被害額が2250万円増 社会

「カード不正利用」騙り電話

5月5日号

今秋収穫でワイン醸造へ

今宿西町ブドウ園

今秋収穫でワイン醸造へ 文化

初の横浜産の出荷目指す

4月28日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook