旭区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

若葉台中学校 ランドセルをマラウイへ 生徒会とPTAが協力

教育

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena
マラウイの大使(後列中央)と生徒ら(同校提供)
マラウイの大使(後列中央)と生徒ら(同校提供)

 若葉台中学校(岩永徹校長)の生徒会とPTAが3月2日、アフリカのマラウイ共和国へランドセルを寄贈した。生徒たちが使っていたランドセルをマラウイの子どもたちのために役立ててもらおうと企画され、直接大使館へ出向き大使へ手渡した。

 発端は昨年6月に行われた生徒会とPTAの交流会だった。その際に「生徒たちが使って家に残っているランドセルを活用できないか」とPTA側から提案。ランドセルを他国へ贈って活用してもらうことを決め、生徒会とPTAが協力した企画としてスタートした。

 贈り先を検討する中で、生徒たちは11月に近隣の星槎中学高等学校で開かれたアフリカ各国の大使らが出席するイベントに参加した。各国大使が集まる控室で生徒たちが実物のランドセルを見せながら大使らへ呼び掛けた結果、マラウイが贈呈先として決定。その後はメールなどで大使館と調整を進め、受験終了後の3月に贈ることが決まっていた。

約60個を寄贈

 ランドセルは校内での呼び掛けにより60個弱が集まった。同校の生徒と職員、PTA関係者らが2日に東京都内のマラウイ大使館を訪問。生徒たちが直接ランドセルを手渡すと、大使らは喜んでいたという。

 生徒会会計として携わった佐野賢君(3年)は「こんなにも多くのランドセルが集まるとは思わなかった。マラウイで役に立てばうれしい」と思いを話し、副会長を務めた小林彩音さん(2年)は「準備などに長い時間がかかって不安もあったけど、直接大使に手渡せてよかった」と安堵の様子。生徒会担当の青田卓也教諭は「生徒たちにとっても、現地の人と直接触れ合えるかげかえのない経験になったのでは」と話した。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

初のハンガリー大使館杯

旭区サッカー協会

初のハンガリー大使館杯 スポーツ

友好関係150周年で企画

11月14日号

ジャズまつり後も活動継続

SwingAJM

ジャズまつり後も活動継続 文化

実行委員会公式バンドに

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月7日号

写真で振り返る半世紀

旭区誕生50周年記念事業

写真で振り返る半世紀 文化

デジタルアーカイブ公開

11月7日号

避難勧告発令も浸水被害なく

台風19号帷子川

避難勧告発令も浸水被害なく 社会

旭土木の暫定対策が奏功

10月31日号

活動知って「活き活き」暮らして

生活支援体制整備事業フォーラム

活動知って「活き活き」暮らして 社会

11月6日、市内でも初の試み

10月31日号

旭区誕生50周年を祝う

旭区誕生50周年を祝う 社会

公会堂で記念式典

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク