旭区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

議会報告 高齢者福祉充実へ論戦 日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

自治体の仕事は”市民の暮らしを守る”

 予算特別委員会も大詰めになりました。安倍自公政権が消費税増税など、国民負担を強める中で、地方自治体の役割を正面に「市民の暮らし最優先に」と論戦してきました。予算特別委員会に先駆けて、党市議団は市政懇談会を開催しました。

市政懇談会で寄せられた要望・意見

 【1】妻が入所の特養ホームは入浴が週2回、ウォシュレットも無くテレビも大部屋で1台、改善へ市の支援がほしい、【2】みどり税を払っているが、緑が増えているとは思えない、【3】障害者地域作業所の工賃が低すぎる。消費税増税も障害者に重い、やめてほしい、【4】教育現場では教員の病休・産休の対応が大変、急いで教員増を、【5】保育の無償化の持続性に向け、市独自の取り組みが必要などです。これらの切実な声を行政に届けるために力を尽くしました。

議会を変え「中学校給食実現を」

 中学校給食実施の要求も寄せられました。全国の95%を超える市町村が実施の中学校給食を、林文子市長は拒否。お金がない、調理スペースがないとの理由です。教育委員会では、中学校給食を自校調理方式で導入した場合の必要な初期費用は約260億円、近隣の小学校で調理し中学校に運ぶ「親子方式」の場合は約60億円としています。

 かつて、横浜市は2012年から3年間で小中学校のすべての学校の教室にエアコンを設置しました。中学校給食も計画的に整備すれば可能です。また、教育委員会は中学校147校の内、スペース的には自校調理方式の実施可能校は64校、親子方式は38校で実施可能としています。旭区の中学校12校中、自校方式可能校は9校、親子方式可能校は左近山・若葉台の2校、スペースのない希望が丘は調理室の二階建てなど工夫すれば可能です。

 林市長は中学校給食を求める市民要望より「ハマ弁、家庭弁当、校内販売の業者弁当の3つから選択」との自民党・公明党の意向を重視しているのです。皆さん、ご一緒に議会を変え中学校給食を実現させましょう。

日本共産党横浜市会議員団 かわじ民夫

横浜市旭区万騎が原33-10

TEL:045-360-7686

http://www.kawaji-tamio.jp/

旭区版の意見広告・議会報告最新6

「医療的ケア児支援」の充実

市政報告㉞

「医療的ケア児支援」の充実

横浜市会議員 木内ひでかず

5月5日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

身近な課題にもチャレンジ【2】

市政報告㉝

身近な課題にもチャレンジ【2】

横浜市会議員 木内ひでかず

4月7日号

「県民割」再開、28日まで

県議会議員いそもと桂太郎 県政レポート

「県民割」再開、28日まで

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

市政報告

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook