旭区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

3月13日付で旭警察署の署長に就任した 佐藤 修さん 区内在住 58歳

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena

安全・安心を地域と共に

 ○…署長として警察署に勤務するのは、旭区が2カ所目。就任にあたり、仕事をする上で大切にしている「信義誠実」という言葉を署員らへ伝えたという。「相手の期待を裏切らないように行動する。それは署員に対しても、区民の皆様に対しても同じ」。信念を胸に職務に向き合う。

 ○…出身は秋田県。中学生の頃に、事件のニュースで機動隊の活躍を見て警察官を志した。高校卒業後に神奈川県警察へ進み、これまでに刑事部や管理部などの部署で勤務。直近では刑事部科学捜査研究所の所長を経た後、瀬谷警察署で署長を務めた。さまざまな部署で勤務したが、どこにいても警察官としてやるべきことは「安全・安心に暮らせる地域社会を作ること」。務めを全うするために、日々全力を尽くしてきた。

 ○…前任地の瀬谷署で初めて署長を経験。警察署は本部と比べて地域との距離も近く、多くの地域住民と接する中で「地域の人々に支えられている」ことを実感したという。約1年半の瀬谷署での勤務を「同じ事件、同じ事故はなく、毎日毎日変化があった」と振り返る。旭区は前任地と隣接するが、これまで縁がなかったことから「まずはしっかり地域を回りたい。各地の状況をしっかり見て、柔軟に対応していきたい」。地域の実態に合わせた対策をするため、必要な対策の見極めから行っていく。

 ○…今年は皇位継承に関する行事やアフリカ開発会議、ラグビーワールドカップなど大きなイベントが続く。より良い治安を守るためには、地域の協力も必要となることから、「不審者などの情報は気軽に寄せてほしい。住民の皆さんと協力して、地域の安全・安心をつくっていきたい」。地域の声に耳を傾け、治安維持に努めていく。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月11日号

佐々木 由佳さん

2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

佐々木 由佳さん

川崎市在住 48歳

3月28日号

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

消しゴムはんこ作家として、「どんぐりマルシェ」に出店する

TOMORUFUさん(本名 古本貴美子)

区内在住 47歳

3月21日号

清水 康弘さん

横浜旭ジャズまつり特別編成ビッグバンドを監修・指導するトランペット奏者

清水 康弘さん

川島町在住 54歳

3月14日号

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

Jリーグ史上最年長デビューをめざし、今季YSCC横浜に新加入した

安彦(あびこ) 考真(たかまさ)さん

相模原市在住 41歳

3月7日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク