旭区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

「自然との関係知る場へ」 よこはま動物園ズーラシア

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 ――旭区最大の観光施設として、貴園の魅力や特徴を教えて下さい。

 「緑に囲まれた生息環境展示が特徴です。動物が実際に暮らす地域の雰囲気を体感できるように、その地域特有の植物なども植えています。また、子どもの頃から生き物や地球環境について学び感動し、感性を養ってもらう目的で小学校への出前授業や、小学生を対象にした『ズーラシアスクール』も2011年度から実施しています。半年間かけて授業や体験、ゲームなどを行っていくのですが、最後の卒業式で子どもたちが発表する研究成果はどれもレベルが高くて驚かされますね」

 ――4月に開園20周年を迎えました。この20年を振返り、動物園を取り巻く環境で変化した点は。

 「これまでの動物園は『環境教育』『種の保全』『調査研究』『レクリエーション』の4つの役割が求められていました。近年は、動物たちにとって適切な飼育環境を保ち、心理学的幸福を実現する”動物福祉”も非常に重要な役割として求められます」

 ――現在の動物園が抱えている課題や、それに対する必要な解決策とは。

 「海外の注目やニーズもあり、動物福祉は今後実現させなければいけない課題です。日本は自治体運営の動物園が多く、設備を充実させるには財政的な限りがありますが、子どもたちへの環境教育や来園者のリピーターを増やすことで、環境保全や生物多様性の大切さを伝える情報発信の機会を増やしていきたいです」

 ――新しい時代に向けて、どのような施設をつくっていきたいですか。

 「当園は横浜にありながら豊かな自然環境に恵まれ、森林浴を楽しみに来られる方も多くいらっしゃいます。生き物は自然がなくては生きていけません。自然の中で暮らす動物を見て、自然と、自分との関係も知ることができる施設をつくっていければと思います」

旭区版のローカルニュース最新6

3カ月の休館経て、再開へ

【Web限定記事】旭区民文化センター・サンハート

3カ月の休館経て、再開へ 文化

6月1日からを予定

5月28日号

宅配・持ち帰り店 紹介

【Web限定記事】

宅配・持ち帰り店 紹介 社会

市と区がHPで公開

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

本格運行予定も運休中

【Web限定記事】四季めぐり号

本格運行予定も運休中 社会

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク