旭区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

令和元年、旭区は50周年 節目祝い、記念行事

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
竣工時の旭区庁舎(写真上=1971年9月撮影・旭区役所提供)と現在。庁舎は変わらないが、厚木街道の道幅や街並みに約50年の変化が見られる
竣工時の旭区庁舎(写真上=1971年9月撮影・旭区役所提供)と現在。庁舎は変わらないが、厚木街道の道幅や街並みに約50年の変化が見られる

 本日5月1日、いよいよ「令和」の新しい時代が始まった。今年は旭区にとっても区制50周年の大きな節目。旭区誕生50周年記念事業実行委員会(山岸弘樹委員長)を中心に様々な記念事業が企画されている。

 旭区が誕生したのは1969年10月1日。保土ケ谷区から分区し発足した。区名の「旭」は公募で決定。ほかには「西保土ケ谷」「港西」「鶴ヶ峰」「緑」などの案もあった。分区当初約14万人だった人口は約24万5000人(2019年4月現在)に増加。18区中年少人口比率が最も高かったものが、現在では高齢者人口が最多になるなど、すっかり成熟した街となった。また、区誕生から半世紀が過ぎ、街並みも変貌。昨年、4月には二俣川駅南口再開発事業が完了。今年11月30日には相鉄・JR直通線が開通するほか、2022年度には相鉄・東急直通線の完成が予定されており、大きな転換期を迎えている。

区内各地でイベント

 旭区誕生50周年記念事業は「自然豊かな旭区の魅力を再認識することや新たな魅力やつながりを作る」といった基本的な考えのもとに企画。記念イラスト=左記=のほか、キャッチフレーズには「サンサンと あさひ輝く 明るい未来」が決定している。

 記念事業は「区役所・鶴ヶ峰周辺」「ズーラシア・里山ガーデン」「こども自然公園」の3エリアを中心に展開。「記念式典・祝賀会」(10月19日・旭公会堂、白根地区センター)のほか、「ヨコハマネイチャーウィーク2019」(5月17日〜19日・こども自然公園)、「横浜旭ジャズまつり」(7月28日・同)、「リアル宝探し」(10月1日〜12月1日予定・旭区、瀬谷区内)、「旭ふれあい区民まつり」(10月20日・鶴ヶ峰公園、旭区役所など)などの様々なイベントが準備されている。山岸委員長は「想定を超える多くの方々に賛助いただき、とてもありがたい。50周年に合わせて区内各地で行われるイベントなど、多方面から盛り上がっていければ。相鉄・JR直通線のスタートや30回目を迎えるジャズまつりなど、いろいろなことが重なって本当に大きな節目。引き続き区内の19連合で力を合わせて、旭区として少しでもよい街となるようにしていきたい」と話した。

50周年記念あさひくんイラスト
50周年記念あさひくんイラスト

旭区版のトップニュース最新6

夏祭り軒並み中止

旭区内各地域

夏祭り軒並み中止 文化

コロナ禍で苦渋の決断

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

介護施設へ手作りマスク

横浜旭LC

介護施設へ手作りマスク 社会

30年以上交流続く

7月2日号

護岸改修し道路拡幅

白根通り斉藤橋付近

護岸改修し道路拡幅 社会

10月末の完成目指す

7月2日号

前年上回るペース

横浜市内熱中症搬送

前年上回るペース 社会

コロナ禍の予防 呼び掛け

6月25日号

手探りで新学校生活

市立小中

手探りで新学校生活 社会

7月に給食・部活再開

6月25日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク