旭区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

旭ふれあいコール 電話で区民に寄り添い20年 存続へ新メンバー募る

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
電話で話す酒井さん(左)と岩田さん
電話で話す酒井さん(左)と岩田さん

 電話で区民の悩みなどを聞くボランティアグループ「旭ふれあいコール」が、今年で活動開始から20年を迎えた。担い手不足などに直面しているが、利用者のニーズに応えようとメンバーらは奮闘している。

 同団体は1999年、旭区役所による傾聴ボランティアの養成講座をきっかけに、受講者らが集まって設立。2012年4月には区から独立し、現在は旭区社会福祉協議会(区社協)の助成を受けて活動している。

 所属メンバーたちは旭区福祉保健活動拠点・ぱれっと旭で、週に3回活動する。利用者は匿名、無料で登録し、メンバーたちが利用者へ定期的に連絡。登録外の人から団体の連絡先に直接かかってくる電話にも応じる。

 主な対象は一人暮らしの高齢者で、話す内容は日常生活や悩み、昔話などさまざま。16年活動を続ける岩田容子さん(78)は「顔を合わせないからこそ話せることもあると思います。『話して整理がついた』といった声やお礼を聞くとうれしいですね」と話す。

担い手減少で苦労

 当初は35人のメンバーでスタートしたが、20年の月日を経てメンバーは減少。現在は8人でシフトを組むが、メンバーの都合がつかず苦労することも多い。また区社協から助成金を受けているが、活動費の一部は所属メンバーが分割して負担。メンバーが少ないほど一人あたりの負担は増加してしまい、担い手不足は大きな課題となっている。

 最大で150人以上いた利用登録者も減少しているが、それでもまだ約60人が登録しており「応援の声もいただいているので、何とか存続させていきたい」と代表の酒井むつ子さん(64)。経験などは不問で、メンバーは随時受付。問い合わせなどは同団体【携帯電話】070・6984・1200へ。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

読書目標と地図を刷新

読書目標と地図を刷新 社会

新たな5年で活動推進へ

9月19日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月19日号

大規模災害備え連携

上白根連合東亜ガス

大規模災害備え連携 社会

背景に防災の担い手不足

9月12日号

相鉄バスで自動運転

里山ガーデン

相鉄バスで自動運転 社会

大型車の営業運行は国内初

9月12日号

ベッドメイクで三連覇

二俣川看護福祉高

ベッドメイクで三連覇 社会

県内高校生が介護技術競う

9月5日号

式典前の最後の全体会

旭区誕生50周年

式典前の最後の全体会 社会

進捗確認し、機運高める

9月5日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

朗読と映画で楽しんで

旭区

朗読と映画で楽しんで

「セロ弾きのゴーシュ」を上演

10月12日~10月12日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク