旭区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

旭ふれあいコール 電話で区民に寄り添い20年 存続へ新メンバー募る

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
電話で話す酒井さん(左)と岩田さん
電話で話す酒井さん(左)と岩田さん

 電話で区民の悩みなどを聞くボランティアグループ「旭ふれあいコール」が、今年で活動開始から20年を迎えた。担い手不足などに直面しているが、利用者のニーズに応えようとメンバーらは奮闘している。

 同団体は1999年、旭区役所による傾聴ボランティアの養成講座をきっかけに、受講者らが集まって設立。2012年4月には区から独立し、現在は旭区社会福祉協議会(区社協)の助成を受けて活動している。

 所属メンバーたちは旭区福祉保健活動拠点・ぱれっと旭で、週に3回活動する。利用者は匿名、無料で登録し、メンバーたちが利用者へ定期的に連絡。登録外の人から団体の連絡先に直接かかってくる電話にも応じる。

 主な対象は一人暮らしの高齢者で、話す内容は日常生活や悩み、昔話などさまざま。16年活動を続ける岩田容子さん(78)は「顔を合わせないからこそ話せることもあると思います。『話して整理がついた』といった声やお礼を聞くとうれしいですね」と話す。

担い手減少で苦労

 当初は35人のメンバーでスタートしたが、20年の月日を経てメンバーは減少。現在は8人でシフトを組むが、メンバーの都合がつかず苦労することも多い。また区社協から助成金を受けているが、活動費の一部は所属メンバーが分割して負担。メンバーが少ないほど一人あたりの負担は増加してしまい、担い手不足は大きな課題となっている。

 最大で150人以上いた利用登録者も減少しているが、それでもまだ約60人が登録しており「応援の声もいただいているので、何とか存続させていきたい」と代表の酒井むつ子さん(64)。経験などは不問で、メンバーは随時受付。問い合わせなどは同団体【携帯電話】070・6984・1200へ。

旭区版のトップニュース最新6

夏祭り軒並み中止

旭区内各地域

夏祭り軒並み中止 文化

コロナ禍で苦渋の決断

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

介護施設へ手作りマスク

横浜旭LC

介護施設へ手作りマスク 社会

30年以上交流続く

7月2日号

護岸改修し道路拡幅

白根通り斉藤橋付近

護岸改修し道路拡幅 社会

10月末の完成目指す

7月2日号

前年上回るペース

横浜市内熱中症搬送

前年上回るペース 社会

コロナ禍の予防 呼び掛け

6月25日号

手探りで新学校生活

市立小中

手探りで新学校生活 社会

7月に給食・部活再開

6月25日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク