旭区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

「四季めぐり号」の検討委員会委員長を務める 遠藤 章さん 四季美台在住 76歳

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena

感謝と目標 胸に再出発

 ○…昨年10月の運行廃止から8カ月後の今月3日、新たな事業者を得て実証運行を再開したコミュニティバス「四季めぐり号」。従来の路線を縮小し、四季美台と今川町から二俣川駅までを循環する。「迅速に動いてくれた道路局と旭区、事業者のヒノデ第一交通(株)にまずは感謝したい」と繰り返す。再開初日からバス停に並ぶ乗客の姿を見て安堵した。「本当に必要としてくれている人々のためにも再開できて本当に良かった」

 ○…初期の四季めぐり号から検討委員会のメンバーとして活動。利用促進に向け奔走してきた。今回新たに発足した検討委員会では連合町内会長として初めて委員長を務め、これまでの経験を生かして行政や事業者との交渉に注力。「なくなったことで改めてコミュニティバスの必要性を実感した」と明かす。本格運行化へは約1年間の利用実績が鍵。実証段階ではルートの見直しなど効率化を図ったが、「元の路線のように、連合地区全域を走るようにいつか戻せたら」と期待も抱く。

 ○…山坂が多く高齢化が進む横浜市で「四季めぐり号をモデルケースにしたい」という目標も持つ。生活の足に困る高齢者を減らすことが、高齢ドライバーを救う解決策につながると考えるためだ。「移動手段ができれば、免許返納をためらう理由が減る。社会のためにも四季めぐり号を継続させたい」と強く望む。

 ○…旭区に住んで50年以上。現役時代は連合の体育指導委員(現・スポーツ推進委員)を務め、長年にわたりミニバスケットボールチームの指導にも携わった。現在は連合と下川町内会の会長など地域の役職を多く兼任する。「頼まれたら断れない性格。大変だけど、町内会活動で地域の絆が強まれば」。柔軟な姿勢で地域をまとめていく。
 

旭区版の人物風土記最新6

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月30日号

宮下 遥奈さん

9代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

宮下 遥奈さん

四季美台在住 20歳

4月23日号

高橋 久美子さん

日本産アロマ研究家として、市内外で活動する

高橋 久美子さん

市沢町在住 48歳

4月16日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月9日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

横須賀市出身 18歳

4月2日号

池谷 直樹さん

川井本町に稽古場を構え、地域向けのパフォーマンスや体操教室を行う

池谷 直樹さん

川井本町在勤 46歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク