旭区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

横浜市 登校時に防犯パトロール 殺傷事件受け試行

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
パトロール車両のイメージ
パトロール車両のイメージ

 川崎市多摩区でスクールバスを待つ児童らが殺傷された事件を受け、横浜市は夏休み前後の合計22日間、試験的に防犯パトロールを登校時間帯に拡充して行う。

民間警備会社に委託

 横浜市の防犯パトロールはこれまで、「青パト」など地域の防犯活動の補完的な役割として、7月から2月までの下校時間帯を中心に実施してきた。市民局地域防犯支援課の坪井豊課長は「予算的な問題もあり、児童に特化したパトロールは行っていない。あくまで防犯活動全体の支援にとどまるため、比較的安全視されている朝の時間帯は対象にしていなかった」と現状を説明する。

 登校時間帯へのパトロール拡充は、登校中の児童らが刃物で襲われた事件を受け、政府が登下校時の安全確保について国と自治体で連携し、早急に対策を講じるよう指示したことがきっかけだ。

 神奈川県警からの協力要請を受けた市は6月末、市立小学校の夏休み期間前後(合計22日間)の午前7時から8時30分まで、パトロールすることを発表した。期間中は、市が民間委託する警備車両5台が約350市立小学校周辺の通学路を10ブロックに分け、1日あたり約35校を巡回する。

実績検証し継続判断

 夏休み前のパトロールでは、事件性のある報告はなかった。市PTA連絡協議会の七海雷児副会長は「パトロール拡充は保護者の立場からも嬉しく思う。独自の見守り活動をしている地域もあるが、行政機関と連携して安全確保できれば、さらなる安心感につながるはずだ」と関係機関との連携の重要性を指摘する。

 今後の事業継続について市は「夏休み明けの8月26日から30日までの実績も踏まえて、国や市教育委員会などと検証していきたい」としている。

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

大規模災害備え連携

上白根連合東亜ガス

大規模災害備え連携 社会

背景に防災の担い手不足

9月12日号

相鉄バスで自動運転

里山ガーデン

相鉄バスで自動運転 社会

大型車の営業運行は国内初

9月12日号

ベッドメイクで三連覇

二俣川看護福祉高

ベッドメイクで三連覇 社会

県内高校生が介護技術競う

9月5日号

式典前の最後の全体会

旭区誕生50周年

式典前の最後の全体会 社会

進捗確認し、機運高める

9月5日号

IR誘致を正式表明

横浜市

IR誘致を正式表明 政治

カジノに波紋広がる

8月29日号

子ども向け初の職業体験

ジョイナステラス二俣川

子ども向け初の職業体験 社会

テナントや地域事業所が協力

8月29日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月29日号

こぱんはうすさくら横浜瀬谷教室

「一緒に子どもたちのコミュニケーション能力を育てるお手伝いをしませんか」

https://www.puramai.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本場のタンゴを体感

本場のタンゴを体感

10月2日にコンサート

10月2日~10月2日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク