旭区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

横浜市無電柱化 緊急輸送路、34%整備済み 課題は高額整備費

社会

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
旭区役所前の厚木街道に立ち並ぶ電柱
旭区役所前の厚木街道に立ち並ぶ電柱

 地上の電柱や電線を無くす「無電柱化」--。9月の台風15号による千葉県内を中心とした大規模停電などを受け、注目が集まっている。

27年度中に「環2」など

 横浜市は昨年12月、市無電柱化推進計画を策定。緊急輸送路での整備を進めており、同路線での無電柱化率は現在、約34%(約64Km)となっている。市は無電柱化を推進するため「都市の防災力の向上」など3方針を掲げ、通学路や商店街、駅周辺での整備を推進するとしているが、横浜駅や新横浜駅周辺など一部地域を除き、具体的な目標はほぼ示されていないのが現状だ。

 一方、災害時に避難や救助、物資運搬のため緊急車両が通行する第1次緊急輸送路(延長187Km)である環状2号線と山下本牧磯子線、鶴見溝ノ口線での整備を2027年度までに完成させることで環状ネットワークを構築し、被災時に備えるとしている。

 市によると、地下埋設物等の状況で工事費は異なるものの、無電柱化整備費用は1Kmあたり約5・3億円とし、無電柱化を推進するには多額の事業費と工事期間を要することが課題だと説明する。そのほか、市は災害時の重要拠点となる区役所や消防署、警察署への「災害時重要拠点アクセス路」でも無電柱化を順次進めており、神奈川区、西区、保土ケ谷区、旭区、港北区、緑区、瀬谷区を除く市内11区で着手済み。27年度までに、市内18区すべてのアクセス路で整備を着手し、港南区、南区、金沢区、青葉区のアクセス路は同年度の完成を目指す方針だ。横浜市道路局担当者は無電柱化の重要性については認識しているとし、「第1次緊急輸送路は優先的に無電柱化を推進する必要がある。引き続き積極的に事業を推進していきたい」と話している。
 

旭区版のローカルニュース最新6

西部病院に防護具 3回目

西部病院に防護具 3回目 社会

横浜旭ロータリークラブ

9月24日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2000件

9月24日号

昨秋以来の公開

里山ガーデン

昨秋以来の公開 文化

10月18日まで

9月24日号

献血活動を呼び掛け

横浜旭LC

献血活動を呼び掛け 社会

メンバー自ら協力も

9月24日号

SNS学ぶ入門講座

SNS学ぶ入門講座 社会

「みなくる」申し込み受付中

9月24日号

コロナ禍の今を本に

コロナ禍の今を本に 文化

25日、参加無料

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

左近山で十五夜祭

左近山で十五夜祭

27日、運動や体操も

9月27日~9月27日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク