旭区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

日常生活の中にアートを フェスと拠点で活動展開

文化

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

 左近山を舞台にこのほど、新たなアートの取り組みがスタート。11月30

日には団地内の広場で「左近山アートフェスティバル!」を開催。37

組のアーティストが集結し、ワークショップやステージなどさまざまな催しが行われた。

 株式会社スタジオ・ゲンクマガイ(熊谷玄代表取締役)が、横浜市と公益財団法人横浜市芸術文化振興財団の助成を受けて主催。地域住民がアートに触れやすい環境を作ることで、生活を充実させようとする試みとなる。今回は2年会期のプロジェクトの幕開けとなり、今後もアート関連イベントを展開していく。

 また同様の取り組みとして12月7日には、左近山ショッピングセンター内に「アトリエ131110」がオープンした。

 同所はアートの発信拠点としてアーティストによる作品展示やワークショップを定期的に開催していくほか、時間貸しでテーブルやキッチンなどを一般利用することも可能。熊谷代表は「皆さんにさまざまな形で使ってもらい、創造意欲を掻き立てるような場所になれば」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 旭区は累計718人、1週間で139人増

相鉄線が終電を繰り上げ

【Web限定記事】

相鉄線が終電を繰り上げ 社会

1月21日号

希望ヶ丘駅や瀬谷の八福神巡るスタンプラリー

防火・防災の功績称える

防火・防災の功績称える 社会

消防団員らを表彰

1月21日号

特殊詐欺や追加給付金に関する詐欺に注意を

太田市議が出馬表明

横浜市長選

太田市議が出馬表明 政治

1月21日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク