旭区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

旭区内火災件数 過去最少で推移 昨年38件で前年と同数

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
 旭区内火災発生・救急出場件数
旭区内火災発生・救急出場件数

 旭区内で昨年2019年に発生した火災件数は前年と同じ38件で過去最少だった。一方で火災による死傷者は出ており、区は対策に力を入れている(数値はいずれも速報値)。

 横浜市内の火災件数も過去最少だった昨年に続いて減少。前年比17件減の685件となり、過去50年間で初めて600件台だった。

 区内で昨年発生した火災の主な原因の最多は7件あった「電気機器」によるもので、これまで最多だった「放火(疑いを含む)」を上回った。旭消防署・予防課の担当者は「原因として機器本体の経年劣化や、電気器具のコード断線、コンセントからの出火が目立っている」と説明する。

 対策として古くなった機器の交換やコードの折れ曲がり防止、コンセント部分にほこりが溜まらないようにすること、延長コードに許容電力以上の電気器具を使用しないことを呼びかけている。

救急件数は増加

 火災件数が減少する一方で、救急出場件数は市・区内ともに前年から増加している。市内では前年比8627件増の21万2395件、区内は前年比395件増の1万3846件。出場種別では、市・区内とも同様に「急病」が全体の約7割を占めた。

 救急出場件数が増加する背景に社会全体で進む高齢化があり、区ではさまざまな対策を講じている。区内に5隊配置されている救急隊のほかに、重症度に応じて消防隊が出場する体制を整備。

 また18年度から同署の署員と各地域の民生委員で連携し、65歳以上の高齢者宅を訪問する「防災訪問」も旭区独自の取り組みとして強化しており、これまで約320件で実施。担当者は「救急の啓発をはじめ、設置が義務付けられている住宅用火災警報器の説明を行っている」と話す。

 同課の担当者は火災件数は減少しているが、死者は発生している状況も指摘。原因は逃げ遅れによるものだが、「警報器の設置で火災に早く気づける」と話す。同署では「警報器設置の有無で死亡率は3倍変わると言われている。取り換えの時期も含めて、しっかりと確認してほしい」と呼びかけている。

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

休耕地にワイン「ブドウ園」

今宿西町

休耕地にワイン「ブドウ園」 経済

3年かけ醸造目指す

4月2日号

小中連携の取組評価

旭中中沢小

小中連携の取組評価 教育

市優秀教育実践校で表彰

3月26日号

28日から、春の公開

里山ガーデン

28日から、春の公開 文化

コロナでイベント中止も

3月26日号

「自転車は駐輪場へ」

二俣川駅北口

「自転車は駐輪場へ」 社会

歩道に児童の絵で啓発

3月19日号

保護者不在で卒業式

新型コロナ

保護者不在で卒業式 社会

区内施設運営にも影響

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク