旭区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

法人会 救命講習会に参加を 災害・事故の対応法指導

社会

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
消防団員が指導する(写真は過去のようす)
消防団員が指導する(写真は過去のようす)

 公益社団法人・保土ケ谷法人会(興津忠義会長)が「普通救命講習会」を3月4日(水)に開催する。「どなたでもお申込み頂けますので、お気軽に」と、多くの来場を呼び掛けている。

 地域貢献活動の一環として行われる取り組みで、旭消防署の体育館(鶴ヶ峰駅7分)を会場に、事故や災害時に役立つ知識や技術を、消防団員が訓練用人形を用いながら初心者でも分かりやすく指導。全国統一カリキュラムに基づき、心肺蘇生法(人工呼吸、心臓マッサージ)や「AED」の取扱い法、止血方法などが学べるほか、受講者には横浜市消防長から「修了証」も交付される。開催時間は午後1時30分から約3時間で、参加費無料。定員は先着順40人。申し込みに関する詳しい問い合わせは同法人会【電話】045・332・4360へ。

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

横浜北西(ほくせい)線が開通

市・首都高共同事業

横浜北西(ほくせい)線が開通 社会

保土ヶ谷BP渋滞緩和に期待

4月2日号

食品ロス削減で社会貢献

市資源循環局

食品ロス削減で社会貢献 社会

消費期限間近の商品購入で寄付

4月2日号

国大生が活動報告

左近山

国大生が活動報告 社会

インターネットで配信

3月26日号

「子育てしやすい」まちへ

若葉台

「子育てしやすい」まちへ 社会

保護者らの声を宣言に

3月26日号

地域活動を冊子で紹介

地域活動を冊子で紹介 社会

SDGsの事例なども

3月26日号

団地再生、持続化目指す

団地再生、持続化目指す 社会

モデル事業が一区切り

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク