旭区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

横浜市予算案 6年ぶりのマイナス編成 IR推進に4億円

経済

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、2020年度の予算案を発表した。一般会計の予算規模は1兆7400億円で、新市庁舎や横浜環状北西線の整備など大型事業が終了したこともあり前年度比1・2%の減、14年度以来のマイナスとなった。一方、IR(統合型リゾート)の推進(4億円)や新劇場の検討(2億円)、旧上瀬谷通信施設地区での国際園芸博覧会に向けた取組(28億6700万円※同地区整備費含む)などは大幅な増額となっている。

 一般会計の歳入は、市税が前年度比65億円(0・8%)増の8461億円で、5年連続の増収を見込むものの伸び率が鈍化。個人市民税は給与所得納税者が増えたことで139億円(3・4%)増の4177億円。法人市民税は税制改正などが影響し116億円(19・6%)減の475億円となり、個人分の増が法人分の減を吸収するかたちとなった。借金にあたる市債は「中期4か年計画」で掲げた18〜21年での均衡確保のため、525億円減の1267億円に抑えた。不足分は、借金返済積立の「減債基金」から200億円、貯金「財政調整基金」からも36億円を拠出する厳しい予算編成になっている。

 歳出は人件費が111億円増の3713億円。扶助費は保育・教育の給付増などで161億円増の5206億円。市民利用施設運営などの行政運営費は前年度同2700億円、施設等整備費は新市庁舎や横浜環状北西線の整備終了もあり470億円減の2016億円。

大雨対策100億円

 林文子市長は1月29日の会見で、人口減少による社会保障費の財源確保に危機感を示し、将来を見据え賑わい創出や魅力を向上させることで新たな財源確保へ道筋をつけたいとした。また、財政基盤強化の重要性を指摘しカジノを含むIRの誘致は、その手段の一つと説明。IRには事業者の公募・選定、区域整備計画の策定、市民説明会・シンポジウム開催、広報、公募参加事業者の調査などに4億円を計上した。

 他にも東京五輪・パラリンピックの円滑な実施に12億4200万円、将来に向けた医療機能の確保に4億6900万円、現市庁舎跡地利用を含む関内関外の活性化に36億8500万円、中学校昼食「ハマ弁」の喫食率向上に11億9千万円、局地的な大雨などへの対策推進に100億1700万円をつけている。

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

横浜北西(ほくせい)線が開通

市・首都高共同事業

横浜北西(ほくせい)線が開通 社会

保土ヶ谷BP渋滞緩和に期待

4月2日号

食品ロス削減で社会貢献

市資源循環局

食品ロス削減で社会貢献 社会

消費期限間近の商品購入で寄付

4月2日号

国大生が活動報告

左近山

国大生が活動報告 社会

インターネットで配信

3月26日号

「子育てしやすい」まちへ

若葉台

「子育てしやすい」まちへ 社会

保護者らの声を宣言に

3月26日号

地域活動を冊子で紹介

地域活動を冊子で紹介 社会

SDGsの事例なども

3月26日号

団地再生、持続化目指す

団地再生、持続化目指す 社会

モデル事業が一区切り

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク