旭区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した 池田 航さん 横須賀市出身 18歳

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena

マリノス愛胸にJの舞台へ

 ○…念願のトップチームへの昇格を果たし今シーズンから名門の「29」を背負う。本職は左サイドバックだが現在はセンターバックで練習に励む。「慣れないポジションだからこそいい緊張感を保てる。本職に戻った時に必ずプラスになる」と現状をポジティブに捉える。

 ○…セレクションに合格し小5でマリノスの下部組織に。以来、順調にステップアップを果たしたが、どのカテゴリーでも「最初は衝撃しかなかった」と苦笑いを浮かべる。そんな状況でも「得意なこと」と話す、他の選手のいいプレーを見て盗み自分のものにすることを積み重ねた。Jで活躍する「生きた教材」からもボールタッチなどを真似し練習した。高2でカップ戦のメンバーに入り、トップチームのトリコロールのユニホームに初めて袖を通した。「今でも嬉しさは忘れません」

 ○…横須賀市出身で「横須賀シーガルスジュニア」でサッカーを始めた。2022年にマリノスの練習拠点となる横須賀は住み慣れた街で友達やサッカー仲間も多い。「新施設は実家のすぐ近く。こうした環境でプレーできるのは本当に幸せ。横須賀代表として頑張りたい思いは強い」

 ○…横浜市内の高校に通っていた昨年夏、U-18日本代表としてスペイン遠征に。「海外の選手は日本では感じない予想を超えるプレーが多い。世界は広いと感じた」。海外への思いも持つ中で、今はマリノスで結果を出すことに集中する。目標は「スタメンで出場し勝利に貢献すること」。小学生の時から通い応援していた日産スタジアムのピッチに立つ―。「このエンブレムをつけてプレーすることに誇りを持っている」。人一倍のマリノス愛を胸にJの舞台に挑む。

旭区版の人物風土記最新6

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

4月30日号

宮下 遥奈さん

9代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

宮下 遥奈さん

四季美台在住 20歳

4月23日号

高橋 久美子さん

日本産アロマ研究家として、市内外で活動する

高橋 久美子さん

市沢町在住 48歳

4月16日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月9日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

横須賀市出身 18歳

4月2日号

池谷 直樹さん

川井本町に稽古場を構え、地域向けのパフォーマンスや体操教室を行う

池谷 直樹さん

川井本町在勤 46歳

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク