旭区版 掲載号:2020年4月16日号 エリアトップへ

旧上瀬谷通信施設 跡地利用の基本計画策定 郊外部の活性化拠点へ

社会

掲載号:2020年4月16日号

  • LINE
  • hatena
基本計画に示されている4つのゾーン
基本計画に示されている4つのゾーン

 旧上瀬谷通信施設(旭区・瀬谷区)の土地利用の検討を進める横浜市はこのほど、「旧上瀬谷通信施設土地利用基本計画」を策定した。昨年12月に作成した基本計画の素案を、市民からの意見を踏まえ一部修正したもの。今後、「郊外部の新たな活性化拠点の形成」をテーマにしたまちづくりが進められていく。

 旧上瀬谷通信施設は、2015年に米軍から返還された旭区と瀬谷区にまたがる広大な土地。返還後の土地利用は、地権者からなる「旧上瀬谷通信施設まちづくり協議会」と市で検討されてきた。また、市は跡地を会場とした国際園芸博覧会(27年)の招致も進めている。

 基本計画にまとめられた、まちづくりのテーマは「郊外部の新たな活性化拠点の形成〜みらいまで広げるヒト・モノ・コトの行き交うまち〜」。約242haの広大な土地を「農業振興」「観光・賑わい」「物流」「公園・防災」の4ゾーンに分け進めていく。その中でも「観光・賑わい」ゾーンにはテーマパークを核とした複合的な集客施設の整備が計画されているほか、瀬谷駅を起点とした新たな交通システムの導入も計画されている。また、昨年12月に作成された基本計画の素案から一部が修正され、地区全体での防災機能の強化や豊かな自然環境を生かした土地利用の検討のほか、スポーツ施設の整備、「農業振興」ゾーンでの直売なども盛り込まれた。

 市都市整備局担当者は「今後、環境影響評価手続や都市計画手続を進め、22年度までの事業着手を目標としている」とし、27年の開催を目指す国際園芸博覧会につなげていきたい考えだ。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

ツシマヤマネコ 繁殖成功

ズーラシア

ツシマヤマネコ 繁殖成功 社会

人工授精で国内初

4月8日号

地元読者が「推し本」紹介

くまざわ書店二俣川店

地元読者が「推し本」紹介 文化

特設コーナーで26日まで

4月8日号

2年振りに春の開催

里山ガーデン

2年振りに春の開催 文化

一方通行など感染対策

4月1日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

2人が県選抜メンバーに

万騎が原中ソフト部

2人が県選抜メンバーに スポーツ

27日から全日本大会

3月25日号

コロナ禍で初の式典

旭区花いっぱい事業

コロナ禍で初の式典 社会

22団体を表彰

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク