旭区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

旭RC コロナ禍の医療現場 支援 医師会にFS(フェイスシールド)を寄贈

社会

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
横浜旭RCの佐藤会長(左から2人目)、旭区医師会の一色会長(同3人目)らが参加し、フェイスシールドの寄贈式が行われた(上下写真提供=旭RC)
横浜旭RCの佐藤会長(左から2人目)、旭区医師会の一色会長(同3人目)らが参加し、フェイスシールドの寄贈式が行われた(上下写真提供=旭RC)

 旭区を拠点に奉仕活動に取り組む横浜旭ロータリークラブ(佐藤真吾会長、以下横浜旭RC)が5月7日、新型コロナウイルス感染拡大防止に尽力する医療従事者へのサポートの一環として、旭区医師会(一色聡一郎会長)に医療用フェイスシールドを寄贈した。

 今回の寄贈は、横浜旭RCなど横浜市・川崎市のRCで構成される、国際ロータリー第2590地区の取り組みの一環。ロータリー財団の資金を活用し、新型コロナウイルス感染拡大防止の最前線で活動する医療従事者を支援するための取り組みが、同地区の各RCで行われている。

例会開けず苦慮

 横浜旭RCは通常毎週水曜日に例会を開催し、活動を行っている。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月26日から例会が開けておらず「とにかくすぐに医療現場へフェイスシールドを届けるため、すべてメールや電話、FAXでのやり取りで打ち合わせを進めてきました」と佐藤会長は話す。準備が整い今月7日、旭区医師会館(二俣川)でフェイスシールド120セットの寄贈が無事行われた。一色会長は「横浜旭ロータリークラブ様より資材の提供と激励のお言葉を頂き感謝しております。地域医療も厳しい状況ですが微力を尽くす所存です」と話した。また、佐藤会長は「私ども横浜旭RCは地域社会への奉仕の理念で結ばれた職業人の集まりで、今年創立50周年を迎えました。これからも地域に根差した活動を行って参りたいと考えています」と思いを語った。

フェイスシールド装着時
フェイスシールド装着時

旭区版のトップニュース最新6

重忠巡りの穴場に

鶴ヶ峰コミュニティハウス

重忠巡りの穴場に 文化

住民作成の書物もそろう

5月26日号

29日、初のゆり祭り

青葉会(中希望が丘)

29日、初のゆり祭り 社会

1200以上の開花に合わせ

5月26日号

女子サッカー部を設立

旭高校

女子サッカー部を設立 スポーツ

部員3人から大会目指す

5月19日号

27年開催へ機運醸成

横浜国際園芸博旭区協議会

27年開催へ機運醸成 社会

コロナ禍で1年ぶり

5月19日号

今夏、3年ぶり開催へ

横浜旭ジャズまつり

今夏、3年ぶり開催へ 文化

5月22日にプレイベント

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook