旭区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

区内小学校交通安全教室 コロナ対応で放送活用 実施遅れも、試行錯誤続く

教育

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
カメラを前に話す旭警察署員
カメラを前に話す旭警察署員

 旭交通安全協会(小磯守会長)らにより、旭区内の各小学校で行われている交通安全教室。新型コロナウイルスの影響で例年より実施が遅れているが、校内放送の活用など新たな方法も取り入れながら進められている。

 駅前でのキャンペーンやイベントでの啓発など、区内各地で交通安全を呼び掛けている同協会。小学校での「はまっ子交通あんぜん教室」は、10年以上に渡って区内全校で取り組んできた。例年は夏休みを安全に過ごしてもらいたいと7月までに全校で行ってきたが、今年は9月11日時点で25校中7校での実施にとどまっている。

 各校で授業や行事などの状況は異なるため、実施に当たっては各校の意向をくみ取って内容を検討する。協会の会員らが学校に赴く従来の形から、教諭が事前に旭警察署・同協会の話を映像に収録して学校で放送するなど、学校ごとに今までにない方法も取り入れられている。

密を避けて学習

 夏休み明けの9月7日には鶴ヶ峯小学校で実施。密を避けるために冒頭は校内放送を活用し、児童は各教室で旭警察署員の説明や映像を見てテレビを通して学習した。1年生向けにはその後、巻き込み事故などを実演=下写真。同校の荻原規彦校長は「コロナ禍とはいえ、交通安全は重要。実際に活動している本物の方々から学んでほしい」と話した。

児童の手紙 励みに

 準備での苦労に加え、暑さが続く中で計画通りに教室ができず、中には当日現場でやり方を変更することもあるという。それでも同協会では、児童からの手紙や教諭らからの感謝の言葉を励みに活動に取り組んでいる。「手紙を頂いたのは初めてのこと。校内放送を使うなど初めてのことばかりだが、子どもたちの安全のためにできる限りのことをしていきたい」と小磯会長。今後も各校の要請に応じて実施していくという。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

旭区内に95区域

土砂災害レッドゾーン

旭区内に95区域 社会

県が今年度中に正式指定

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

協会の出稿では初

10月22日号

歩いて探す「あさひくん」

旭区ウオーク企画

歩いて探す「あさひくん」 文化

撮影した写真募集

10月15日号

1500mで頂点に

県総体陸上

1500mで頂点に スポーツ

今宿中3年・山村さん

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

12月にオンライン開催

区民まつり代替企画

12月にオンライン開催 コミュニティ文化

動画出演者を募集

10月8日号

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク