旭区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

市政報告【14】 風水害への備え 横浜市会議員 木内ひでかず

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 本年も7月の豪雨で各地が被害に遭うなど、風水害により近年多くの被害が発生しています。横浜市においても、昨年の台風15号・19号により約9000人の市民が避難しているように大きな被害が発生しています。常日頃から風水害への備えを心がけましょう。

災害への意識啓発

 国では不動産取引の際、宅建業者から購入予定者に対して「水害リスク」の説明を義務化する方針が示され、8月28日から実施されています。横浜市会においても公明党市議団として本年の予算関連質疑で、風水害時の避難行動を促すため、電柱などへの浸水想定高のマーキングによる「ハザードマップの見える化」や、水害リスクの説明義務化の徹底などを訴えています。今後も、意識啓発の強化に結びつく取組に努めていきます。

 所有者が遠隔地にいる空き家や崖、斜面地等の樹木などが管理不全の場合、大型台風や地震で近隣に被害を与える恐れがあります。近隣住民が所有権者に連絡がとれず不安を抱えているケースも散見され、所有権者には定期的な状況確認と適切な安全管理が求められます。なお、危険なブロック塀の除去・改善工事には市の補助制度が用意されていますが(令和3年度末終了予定)、利用には事前の相談が必要ですので、横浜市建築局建築防災課に確認ください。

コロナ禍の避難計画

 横浜市は、本年6月に「新型コロナウイルス感染症を踏まえた地域防災拠点の開設・運営のポイント」を策定し、下記の通り「市民の皆様にお願いしている事項」も公表しました。また、防災拠点を運営する自治会・町内会代表への研修を行い今後の防災訓練にも活かすように促しています。

横浜市会議員 木内ひでかず

横浜市旭区二俣川2-58-12 Sビル 2F

TEL:045-366-7073

http://www.komei.or.jp/km/kiuchi-hidekazu-yokohama/

旭区版の意見広告・議会報告最新6

今年も地域の課題改善に向け、全力

市政報告㉚

今年も地域の課題改善に向け、全力

横浜市会議員 木内ひでかず

1月6日号

「ヨコハマ新時代!」への進化

新春レポート

「ヨコハマ新時代!」への進化

横浜市会議員 大岩まさかず

1月1日号

「至誠」を尽くす一年に

新春寄稿

「至誠」を尽くす一年に

衆議院議員 古川なおき

1月1日号

「観光支援」「ポイント事業」で地域経済を活性

県議会議員いそもと桂太郎 県政レポート

「観光支援」「ポイント事業」で地域経済を活性

1月1日号

弱者を生まない社会へ

新年寄稿

弱者を生まない社会へ

神奈川県議会議員 おのでら慎一郎

1月1日号

持続可能な市政運営に向けて

今年こそ、コロナ不安の解消を

持続可能な市政運営に向けて

横浜市会議員 こがゆ康弘

1月1日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook