旭区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

旭区内熱中症搬送 8月は前年比1.6倍 猛暑の影響で急増

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内の熱中症の救急搬送件数は9月15日現在、1272件(速報値・前年同期比157件増)。旭区内は97件(同20件増)で、それぞれ前年を上回るペースとなっている。特に8月は、区内の搬送件数が前年比約1・6倍の70件になるなど、今夏の猛暑の影響が数字に表れる形となった。

 全国的に記録的な猛暑となった今夏。気象庁の観測によると横浜市の8月の最高気温は、35度以上の「猛暑日」が5日(前年比4日増)、30度以上の「真夏日」が25日(同1日減)、25度以上の「夏日」が1日(同3日減)となっている。

 熱中症による搬送件数は、毎年5月から統計を取り始めている。旭区内の搬送件数は、5月から7月の累計で17件。前年を14件下回る状況だった。しかし、8月1日の梅雨明け以降、気温が上昇。8月の搬送件数は前年比26件増となり、5月から8月の累計で前年を上回るペースとなった。旭消防署の担当者は急増の要因を「例年より長雨が続き、体が暑さに慣れていないところ、8月1日の梅雨明けから一気に暑くなったことが影響しているのでは」と話す。

マスク使用時の症例も

 旭区内の搬送件数の年齢層別で最も多いのは「65歳以上」の65件。次いで「18歳〜64歳」26件、「7歳〜17歳」6件となった。症状別では、入院の必要がない「軽症」が47件で最多、生命の危険はないが入院が必要な「中等症」44件、生命の危険の可能性がある「重症」3件、生命の危険が切迫している「重篤」3件だった。また、マスク使用時の熱中症は区内で29件発生。「暑さは落ち着いてきていますが、まだ暑くなる日もあります。屋外で2m以上の距離がとれる場合は、マスクを適時外してください」と担当者は呼び掛ける。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

旭区内に95区域

土砂災害レッドゾーン

旭区内に95区域 社会

県が今年度中に正式指定

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

協会の出稿では初

10月22日号

歩いて探す「あさひくん」

旭区ウオーク企画

歩いて探す「あさひくん」 文化

撮影した写真募集

10月15日号

1500mで頂点に

県総体陸上

1500mで頂点に スポーツ

今宿中3年・山村さん

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

12月にオンライン開催

区民まつり代替企画

12月にオンライン開催 コミュニティ文化

動画出演者を募集

10月8日号

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク