旭区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

市民意識調査 「暮らしやすい」が約8割 旭区民は7割超

社会

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は市民の生活意識・構造を明らかにして市政運営に生かすため、毎年市民意識調査を実施している。

 結果が公表されている最新の令和元年度調査では、「暮らしやすさ」が特集項目の一つにあがった。その中の今の住まいや周辺環境についての総合評価では「暮らしやすい」と「どちらかというと暮らしやすい」を合わせた割合が全体で79・8%。前年比で0・6ポイントの増加となった。

 区別でみると、旭区では74・4%が暮らしやすいと回答。その中で暮らしやすいと感じている点で最も多かった回答は「周辺の静かさ」の53・5%で、これは全体の51・8%を上回った。次いで「ふだん買い物をする場所の近さ」が45・0%、「交通・通勤などの便利さ」が44・2%だった。

 結果は市のホームページのほか、横浜市庁舎3階の市政刊行物・グッズ販売コーナーや市立図書館でも閲覧できる。

旭区版のローカルニュース最新6

50周年行事を振り返ろう

「思い出に残る、未来につなげる式典に」

「思い出に残る、未来につなげる式典に」 教育

笹野台小学校 飯田雅人校長

12月2日号

「笹小50歳をお祝いしよう‼」

「笹小50歳をお祝いしよう‼」 教育

創立50周年記念事業実行委員会 熊谷雅彦委員長

12月2日号

近隣幼稚園にリース贈呈

周年実行委員会

近隣幼稚園にリース贈呈 社会

郵便局で採った植物使い

12月2日号

周年記念品に歓声

周年記念品に歓声 社会

PTA実行委員会が制作

12月2日号

1年越しの記念式典

祝50周年笹野台小学校

1年越しの記念式典 教育

地域と歩み、未来へつなぐ

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook