旭区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

南本宿小に理科教育賞 35校・団体から選出

教育

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
6年生が行った足尾銅山での植樹活動=同校提供
6年生が行った足尾銅山での植樹活動=同校提供

 南本宿小学校(西尾琢郎校長)がこのほど、公益財団法人日産財団が選出する理科教育賞を受賞した。

 学術の振興・普及や人材育成のための援助などを行っている同財団。同賞は事業の一環で、子どもたちの科学的思考能力や教諭の指導力を向上させる教育実践において、多大な成果をあげて波及効果が期待できる実践に授与されている。

 8回目を迎えた今回は、2017年度の助成校・団体35件が対象となった。各校・団体が18年1月から19年12月までの取り組みを経て今年2月に最終報告を提出し、そこから選考委員会が同校を含む大賞候補4校を選出。9月17日にオンラインで行われた贈呈式で最後のプレゼンを実施し、大賞1校、理科教育賞3校を決定した。

「持続可能」に焦点

 同校のテーマは『ESDの視点の獲得につながる、「日常」をサイクルに取り入れた問題解決学習』。ESDとは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育のこと。同校では30年以上続く教育水田活動を柱にした環境教育に取り組んでおり、環境教育を軸に児童たちがSDGsやESDの視点を持てるような活動を展開。4年生で大池公園での間伐体験、5年生で三浦市での自然散策、6年生で栃木県の足尾銅山での植樹といった校外での学習を通じて学んだことを自らの日常に結び付けて考えられるように工夫したり、授業でICT機器を活用するなどの取り組みを進めてきた。

 ここまでの取り組みを振り返り「子どもたちが学んだことを身近な視点で捉えられるように意識が変わってきた」と担当の朝倉慶顕教諭。西尾校長は「子どもたちの学びのための活動が評価されてうれしい。昨日今日でやってきたことではなく、これまで積み重ねてきた結果の受賞だと思う」と話した。

旭区版のローカルニュース最新6

「賑やかで快適なまちに」

「賑やかで快適なまちに」 社会

(株)アンドー・安藤公一代表取締役

11月19日号

歳末抽選会

歳末抽選会 社会

鶴ヶ峰商店街

11月19日号

26日に朝市

26日に朝市 経済

区役所1階

11月19日号

育てた芋を給食に

育てた芋を給食に 教育

さちが丘小2年生が収穫

11月19日号

新型コロナを学ぶ

新型コロナを学ぶ 社会

若葉台 12月13日

11月19日号

旭区は累計229人

【Web限定記事】

旭区は累計229人 社会

新型コロナウイルス感染症

11月19日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一箱の古本持ち寄る

一箱の古本持ち寄る

南万騎が原、24日から

11月24日~11月29日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク