旭区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

市政報告 林市長の任期中IRカジノ申請が不可能に 日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena

菅政権と林市長 カジノ固執

 国は10月9日、IRカジノ誘致に関する「基本方針」変更案を公表し、誘致希望自治体からの申請を9か月間遅らせ「21年10月から22年4月」としました。

 カジノ汚職、新型コロナウイルス感染拡大による経営的行き詰まり、国民の中に疑問と反対の声が大きいIR事業にあくまで固執する菅政権の姿勢が露わになりました。

 21年8月29日までが任期の林文子市長は、再選されない限り、国のIRカジノの申請ができません。しかし、林市長は「IRは成長戦略の一つ、スケジュールはタイトだが実現したい」とコロナ禍にもかかわらず、IRカジノ誘致に意欲を燃やしています。

 新型コロナの世界的流行で、IRを巡る状況は一変し、巨大カジノ事業は巨利を得るビジネスモデルではなくなっています。菅首相も林市長もこの現実を見ていません。

 横浜市が国に誘致申請するか否かは、来年夏の市長選挙で当選する市長に委ねられます。林市長が誘致に向けた諸手続きを強行していますが、誘致派市長の当選は、保証されていません。

誘致手続き凍結し予算・職員 他部署へ

 現在、IR誘致申請へ向けた手続きには多くの税金が費やされ、IR推進室の職員39人をはじめ、多くの職員がかかわっています。任期中に国への申請権がなくなった以上、市長が進めている誘致に向けての事務手続きは一旦ストップし、関連予算と推進室の職員は、コロナ対策等に振り向けるべきです。

住民投票を実施させカジノ暴走市長を止めよう

 11月4日まで行うカジノの是非を問う住民投票署名運動の意義が大きくなりました。署名の有効数6万余はすでに突破し、早ければ来年1月の市議会に条例案が提出され、成立すれば、60日以内に住民投票が実施されます。IR誘致の申請権がないのにカジノ誘致に固執している現市長の暴走を止めるには、直接市民に誘致の是非を問う住民投票を実施させ、その声を尊重させる流れをつくることが必要不可欠です。条例案成立には市議会の多数の賛成が必要です。それにはまだ署名数が足りません。日本共産党は、署名運動の成功に向け力を尽くします。

 署名は、各スポットで随時受け付けています。「カジノの是非を決める横浜市民の会」や日本共産党の各事務所にお問い合わせください。

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

横浜市旭区万騎が原33-10

TEL:045-360-7686

http://www.kawaji-tamio.jp/

旭区版の意見広告・議会報告最新6

円滑なワクチン接種に向けて

県政コラム

円滑なワクチン接種に向けて

神奈川県議会議員 おのでら慎一郎

2月25日号

「市民生活の安心・安全」を着実に

市政報告【18】

「市民生活の安心・安全」を着実に

横浜市会議員 木内ひでかず

2月25日号

国と地方が連携を密に

市政報告【18】

国と地方が連携を密に

横浜市会議員 木内ひでかず

1月28日号

今年も地域の課題改善に向け、全力

市政報告【17】

今年も地域の課題改善に向け、全力

横浜市会議員 木内ひでかず

1月7日号

コロナ禍なのに、水道料金値上げ

市政報告

コロナ禍なのに、水道料金値上げ

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

1月7日号

つながり支え合う社会へ

県政コラム

つながり支え合う社会へ

神奈川県議会議員 おのでら慎一郎

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク