旭区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

県警音楽隊 動画で「音のかけ橋」に 創設70年の節目にチャンネル開設

文化

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
ロビーで談笑する廣原さん(右)と動画担当の4人
ロビーで談笑する廣原さん(右)と動画担当の4人

 神奈川県警察音楽隊が創設70年となる節目の年に、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルを開設。8月からこれまで「刑事ドラマのテーマ」「情熱大陸」「ドラえもん」「ストライク・アップ・ザ・バンド」の4本をアップした。

 以前から若い隊員を中心に「SNSをもっと活用したら」という声はあった。そこで今年初めから開設の準備に着手。そんな中、新型コロナウイルス感染症が拡大し、5月に予定されていた70周年記念となる定期演奏会をはじめ公の場での演奏はほとんど中止に。拠点である県警音楽センター=金沢区=での合同練習も6月末までできない日々が続いた。今年から指揮者を務める廣原正典さん(59)は「一人でも多くの方に喜んでいただくため、勉強は続けてきた。やはり生の音楽を聴いていただきたい」と話す。

 7月半ばからは、屋内訓練場で演奏者同士の距離をとりつつ合同練習を再開。「普段聞こえていた音が聞こえず、戸惑う面もあったが、やはりみんなと演奏できてうれしかった」と振り返る。

 企画から絵コンテ、撮影、編集を担当するのは金子享平さん(33)、佐藤竜次さん(30)、佐藤健一さん(30)で、佐藤昭徳副楽長(47)がまとめ役だ。佐藤(健)さん以外は、動画編集の知識はほぼゼロ。楽譜を見ながらカット割りやアップにする場面を絵コンテに落とし込み、撮影。「5分の曲でもレコーディングは3時間」と苦労を話す。

 「『音楽隊って、かっこいい』と思えるような動画にしたい」と金子さんが言えば、「新しいコンテンツなので、普段、見ていない人に聞いてほしい」と佐藤(健)さん。県民と警察を結ぶ「音のかけ橋に」――。動画でもその精神に変わりはない。

旭区版のローカルニュース最新6

旭区 接種会場はスポセン

旭区 接種会場はスポセン 社会

新型コロナワクチン

2月25日号

27日に梅まつり

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

2月25日号

鶴ヶ峰病院の職員を応援

笠町内会

鶴ヶ峰病院の職員を応援 社会

マスクフレームを寄贈

2月25日号

社会福祉への功労称える

社会福祉への功労称える 社会

27人・3団体を表彰

2月25日号

横浜へホームタウン移転

東京エクセレンス

横浜へホームタウン移転 スポーツ

プロバスケ 市内2チーム目

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

大学生企画の「サコメシ」

大学生企画の「サコメシ」

27日、ほっとさこんやま

2月27日~2月27日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク