旭区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

花オブジェで博覧会PR 二俣川駅で11月15日まで

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
花博の機運を醸成する取り組みの一環で設置
花博の機運を醸成する取り組みの一環で設置

 二俣川駅改札前にこのほど、球体の花のオブジェが設置された。これは、旧上瀬谷通信施設(旭区・瀬谷区)で2027年に開催が予定されている、国際園芸博覧会(花博)の機運を醸成する取り組みの一環。設置期間は11月15日(日)までの予定。

 花博の開催が予定されている旧上瀬谷通信施設は、旭区と瀬谷区にまたがる約242haの広大な敷地。2015年に米軍から返還され、27年3月から9月まで花博の開催が予定されている。また、開催に伴い、会場と瀬谷駅を結ぶ新交通システム「(仮称)上瀬谷ライン」の整備も計画。さらに、その後の跡地利用として、テーマパークを核とした集客施設、公園、物流施設、農業振興エリアなどが想定されている。

「あさひ」イメージ

 今回設置された花のオブジェは、土台を含め高さ1・5m、幅0・6m。花部分は幅0・8mの球体で「あさひ」(旭区と太陽)をイメージした黄色系の造花で制作されている。また、花博のコンセプトの一つである「農」や「食」をイメージした、野菜や果物のオーナメントも散りばめられているほか、花博のパネルが設置され概要などが紹介されている。オブジェを制作した旭土木事務所の担当者は「多くの人に見てもらい、花を楽しみ、花博に興味を持っていただく機会になれば」と話す。

花・緑の写真募集

 花博開催に向けた機運を高めるための企画として旭区は、区内の花・緑の写真をホームページ(【URL】https://www.city.yokohama.lg.jp/asahi/shokai/mizu-midori-hana/asahi-hana-midori.html)で紹介する企画も行っている。応募資格は旭区在住・在学・在勤者。対象となるのは区内で撮影された花や緑の写真(写真データのサイズは1点5MB以内)。【1】写真のタイトル、【2】撮影場所、【3】撮影時期、【4】応募者氏名、【5】電話番号を明記し、【メール】as-kikaku@city.yokohama.jpへ。応募点数は一人5点まで。募集期間は2021年2月28日(日)まで。応募作品から入賞作品を選ぶコンテストも実施される予定。旭区区政推進課の担当者は「区内には身近なところに花や緑が多いので、多くの方に魅力を知っていただくきっかけになれば」と話した。詳細は旭区区政推進課【電話】045・954・6027へ。

旭区版のトップニュース最新6

弁当で食品ロス減らす

今宿小6年3組

弁当で食品ロス減らす 教育

地元店の協力で販売

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

オンラインで初開催

あっぱれフェスタ

オンラインで初開催 社会

動画と通販で活動伝える

2月25日号

上下線でホームドア運用

二俣川駅

上下線でホームドア運用 社会

相鉄線で3番目

2月25日号

横浜市旭区の魅力を小冊子で紹介

【Web限定記事】

横浜市旭区の魅力を小冊子で紹介 社会

2月18日号

無料頒布会で生活支援

【Web限定記事】旭区社協万騎が原地区社協

無料頒布会で生活支援 社会

3月7日、相談にも対応

2月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク