旭区版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

万騎が原小南本宿小 両校でつなぐ水田活動 コロナ禍で合同は中止に

教育

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
ミニ水田で稲を刈る南本宿小の児童ら
ミニ水田で稲を刈る南本宿小の児童ら

 こども自然公園=大池町=の教育水田で万騎が原・南本宿の2小学校が30年以上続けている稲作。今年度は新型コロナウイルスの影響で合同での活動が見合わせとなったが、来年度へ向けて両校で動きが進んでいる。

 米が作られる過程や命の大切さなどを学ぶために、田んぼを通した兄弟校として毎年教育水田で稲作に取り組んでいる両校。地域の水田指導員や教育水田サポーター、保護者、教諭らが協力し、児童たちは年間を通じてもみまき、田植え、稲刈りなどを体験している。

 例年は4月から段階を踏んで活動しているが、新型コロナの影響で学校は5月末まで休業に。その間に関係者が協議した結果、児童をはじめ活動に携わる人々の安全を考慮して今年度は合同での活動を行わないことが決定していた。そのような状況の中、活動をつないでいくために、両校がそれぞれできる形で取り組みを進めてきた。

校内の水田活用

 南本宿小では、4年ほど前に造った校内中庭のミニ水田を活用。例年は教育水田に合わせて田植えが行われ、稲の発育状況を校内で感じてもらうために準備されている。

 本来は4年生が教育水田での活動の前段階として田植えや稲刈りなどを行うが、今年は6年生が10月28日に稲を収穫。限られたスペースでの活動となったが、安全に注意して全ての稲を刈り取った。また、稲刈りを体験できなかった5年生のために刈り方を動画で撮影し、来年度へ向けて校内で公開するという。

 ミニ水田の管理には5・6年生が所属するSDGs委員会も活躍。稲の様子を定期的に撮影して掲示したほか、5年生向けの動画で説明も担当した。西尾琢郎校長は「SDGs委員会の児童も大きな役割を果たし、いつもと違う枠組みだからこそ、新しい形で取り組むことができた」と話した。

自然と稲が発育

 一方、田植えなどが行われなかった教育水田では、昨年の稲株から自然と稲が発育。来年度へ向けて草刈りをした際に発育が確認されたという。

 同公園に隣接する万騎が原小では校内の水田での取り組みと合わせて、10月13日に教育水田でその稲を刈り取った。当日は指導員やPTAも協力し、5・6年生が稲を刈り、4年生が稲を運搬。マスク姿の児童たちは一面に育った稲を談笑しながら刈り取り、今年度初めての教育水田での活動を楽しんでいた。児童らの様子を見て金子祐治校長は「今できることを笑顔でできた。少しでも子どもたちが経験できてよかった」と話した。

 水田指導員の相原博さんは自然と発育した稲に「初めての経験。生命力はすごい」と驚き、「活動が一切できないと思っていたから、少しでもできてよかった。久しぶりに子どもたちにも会えたし、来年につなげられれば」と笑顔で話した。

自然と発育した稲を刈る万騎が原小の児童ら
自然と発育した稲を刈る万騎が原小の児童ら

旭区版のトップニュース最新6

県・関東大会を制覇

横浜商科大高フェンシング部

県・関東大会を制覇 スポーツ

目指すは「インハイ」優勝

6月23日号

ギター全国大会で1、2位

白川きょうだい(さちが丘小)

ギター全国大会で1、2位 文化

“音楽を捉える力”が評価

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 社会

市、若年層啓発に注力

6月23日号

運動会代わりに「ダンス」

都岡小

運動会代わりに「ダンス」 社会

校舎建替工事で会場工夫

6月16日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook