旭区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

19年度みどりアップ 緑地指定、目標達成ならず 旭区の20haは最大

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
環境創造局が公表した報告書
環境創造局が公表した報告書

 横浜市はこのほど「横浜みどりアップ計画」による2019年度の事業の実績を発表。緑地保全制度によって全市で新規指定する目標を60haとしていたが、47・2haで目標を達成できなかった。旭区は20・7haで、18区中最も大きかった。

 横浜市は2009年度から、横浜みどり税を財源の一部として森や農景観の保全などを推進する「横浜みどりアップ計画」に取り組んでいる。報告書では緑地保全制度による新規指定面積や水田の保全面積のほか、農園の開設件数や維持管理の助成、イベントの実施状況など27項目の事業の実績をまとめた。

 土地所有者ができるだけ樹林地を持ち続けることができるように固定資産税の減免の優遇措置などが可能となる「緑地保全制度による新規指定」については、19年度の市内全域の目標を60haとしてきたが、実績は47・2haだった。そのうち市による買い取りは19・2haだった。

 旭区では、今宿西町特別緑地保全地区・白根五丁目特別緑地保全地区・市沢町特別緑地保全地区(指定拡大)・追分特別緑地保全地区(同)・上白根町小池特別緑地保全地区(同)の17・1haが指定されたほか、仮称 市沢市民の森(同)・追分市民の森(同)で1・2ha、源流の森保存地区として上川井町・上白根町・川島町・西川島町(3件)で2ha、寄附緑地として市沢町の緑地0・4haが指定されている。旭区に次いで指定が進んだのは10・4haの金沢区。3番目は7haの栄区だった。一方、西区や磯子区、鶴見区など都心部や臨海部では新規指定が進まない区もあった。

 市環境創造局の担当者は「19年度の目標は達成できなかったが、みどりアップ計画前と比べると一定の指定は進んでいる。指定が進まない区では緑をつくる取り組みを進めていきたい」と話している。同報告書は各区役所で配架されているほか、同局のホームページで閲覧できる。
 

旭区版のローカルニュース最新6

架空請求、レジで防ぐ

セブンイレブン横浜二俣川2丁目店

架空請求、レジで防ぐ 社会

旭警察署が感謝状

6月23日号

アジサイが見ごろ

南希の森

アジサイが見ごろ 社会

26日に切り花配布

6月23日号

口や薬の無料相談会

口や薬の無料相談会 社会

区歯科医師会と薬剤師会

6月23日号

あっとほーむデスク

夏休みイベント参加募集

ズーラシア

夏休みイベント参加募集 教育

宿題企画や仕事体験

6月23日号

地域食堂がオープン

地域食堂がオープン 社会

26日 白根ケアプラ

6月23日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook