旭区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

旭区内火災件数 3件増も少なめで推移 原因最多は放火の11件

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 旭消防署(古屋明弘署長)によると、区内で昨年2020年に発生した火災件数は41件。主な原因の最多は放火で前年比5件増加していることもあり、全体で3件増えているが、引き続き少なめの発生件数で推移している。昨年の数値はすべて速報値。

 横浜市内の火災件数は624件。前年比61件減で、過去最少だった昨年に続いて減少している。区別の発生件数の最多は中区の58件で、最少は栄区の12件だった。

 旭区内で昨年発生した火災の主な原因の最多は「放火(疑いを含む)」の11件で、前年比5件増。そのほかの主な原因では「電気機器」4件(同2件減)、「こんろ」3件(同1件増)、「たばこ」3件(同2件減)、「火遊び」2件(同1件増)だった。放火が増えていることについて旭消防署総務・予防課の担当者は「自宅に防犯ライトを設置したり、家の周りに物を置かないことなどが重要」と話す。さらに、電気機器本体の経年劣化や、コードの断線は火災の原因となるため「対策として古くなった機器の交換やコードの折れ曲がりを防止する、コンセント部分にほこりが溜まらないようにする、延長コードに許容電力以上の機器を使用しないこと」などの注意を呼び掛けている。また、設置が義務付けられている住宅用火災警報器は、設置の有無で死亡事故数が大きく変わるため「機器や電池の取り換え時期など、しっかりと確認してください」と話す。

救急件数は減少

 昨年の救急出場件数は、市・区内ともに前年から減少している。市内では前年比1万7756件減の19万4639件、区内は同793件減の1万3053件。出場種別では、市・区内とも「急病」が全体の約7割を占めた。

 同課の担当者は、新型コロナウイルス感染症による影響は特にないとしつつ、「転倒による負傷事案が増えています。今後はコロナ禍で新しい生活様式により、家庭内で過ごす時間が多くなるので、室内での転倒などには十分注意をしてください」と話す。
 

旭区版のトップニュース最新6

環境アセス動画を公開

鶴ヶ峰駅付近連続立体交差事業

環境アセス動画を公開 社会

コロナ禍で説明会は中止

1月21日号

トンネル上部を有効利用

二俣川駅南口

トンネル上部を有効利用 社会

市、事業者を募集中

1月21日号

新たな拠点で活動推進

旭保護司会

新たな拠点で活動推進 社会

柏町にサポートセンター

1月14日号

3件増も少なめで推移

旭区内火災件数

3件増も少なめで推移 社会

原因最多は放火の11件

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

「安全安心の五輪やりきる」 政治

黒岩知事 インタビュー

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク