旭区版 掲載号:2021年2月11日号 エリアトップへ

若葉台 元気な団地の秘訣とは 世界11カ国へ紹介

社会

掲載号:2021年2月11日号

  • LINE
  • hatena
オンラインで事例紹介や質疑応答を実施
オンラインで事例紹介や質疑応答を実施

 横浜市内で高齢者が多い地域である旭区。65歳以上の人口は7万1955人で市内最多、高齢化率は29・1%で3番目に高い状況だ(ともに2019年9月30日基準)。

 若葉台は高齢化率が50%を越え、区内で高齢化が進む地区の一つ。一方で、要介護認定率は低く、健康で元気に過ごしている人が多いことが特徴だ。そのため健康寿命の延伸に取り組む神奈川県でも若葉台の取り組みは注目されており、2月3日には神奈川県と世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(WPRO)が主催するプログラムで若葉台の取り組みが紹介された。

 今回のプログラムはWPROの管轄である途上国向けに、日本の人口高齢化への対応策を参考にしてもらう目的で開催。対応策の一例として若葉台が取り上げられ、オンラインでつながった11カ国に対し、開発の歴史や高齢者に対する支援、スポーツ・文化活動などを動画で紹介した。

 動画の紹介後には各国から「活動を継続する秘訣」「コミュニティバスの仕組み」などの質問があがり、住民の代表者らが回答した。出席した若葉台連合自治会の山岸弘樹会長は「高齢者は多いが、元気な方が多い若葉台の良さを伝えるよい機会だった。今後も住民主体でまちづくりを進めていきたい」と話した。
 

旭区版のローカルニュース最新6

旭区の人口、減少続く

20年国勢調査

旭区の人口、減少続く 社会

市、独自集計の結果発表

4月22日号

コロナワクチンの研修会

区薬剤師会

コロナワクチンの研修会 社会

高齢者集団接種に備え

4月22日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

4月22日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月22日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

4月22日号

ジャズとクラッシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラッシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter