旭区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

県政コラム 円滑なワクチン接種に向けて 神奈川県議会議員 おのでら慎一郎

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena

 公明党は去る2月12日、菅義偉首相に対し、新型コロナワクチンの円滑な接種体制の構築に向けた緊急提言を手渡しました。その3週間前、私は県職員から次のような話を聞き、党のワクチン接種対策本部に伝えていました。

 曰く、「ワクチン接種に要する経費はすべて国が負担することになっているが、費用の算定基準が平時の予防接種と同じ水準になっている。この非常時に医療スタッフを集めるためには政府の補助金の上限額では賄いきれない恐れがある。費用の上乗せ分を自治体が負担するのは厳しい…」。

 提言では、自治体の費用負担が生じないよう国が十分な財政支援を行うことや、ワクチン供給の時期や量について一刻も早い情報提供に努めることなどを求めています。

接種券は年齢層ごと

 神奈川県でも今月17日から医療従事者への先行接種が始まりました。接種後は健康観察を毎日行い、そのデータを安全性の分析に生かしていきます。

 横浜市では、4月以降に予定している高齢者への優先接種について、予約の集中を避けるため、時期をずらして接種券を発送します。3月下旬に80歳以上、4月上旬に75歳以上、同月中旬に70歳以上、次いで65歳以上を予定していますが、ワクチン供給が世界的に逼迫している影響で遅れる可能性もあります。政府には改めてワクチンの供給スケジュールを早期に明示するよう求めたいと思います。

 高齢者に続く基礎疾患のある人や高齢者施設等従事者への優先接種の時期は未定ですが、一般市民が受けられるのは7月以降になると見込まれています。

ワクチン詐欺に注意

 接種は、市が設置する特設会場(スポーツセンターなど)で行う「集団接種」、病院・診療所などで行う「個別接種」、高齢者施設で利用者向けに行う「施設接種」の3つの方法で実施。施設接種では、従事者の同時接種も自治体の裁量で可能という国会答弁を公明党が引き出しています。

 最近、ワクチンを優先的に接種できるなどと言って金銭を要求する不審電話が相次いでいます。接種費用は一切無料ですし、接種券が届く前に横浜市から連絡が来ることはありません。ワクチン便乗詐欺にくれぐれもご注意ください。

おのでら慎一郎事務所

横浜市旭区二俣川2-58-12 Sビル2A

TEL:045-442-8100
FAX:045-442-8101

http://www.onodera-s.com/

旭区版の意見広告・議会報告最新6

「医療的ケア児支援」の充実

市政報告㉞

「医療的ケア児支援」の充実

横浜市会議員 木内ひでかず

5月5日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

身近な課題にもチャレンジ【2】

市政報告㉝

身近な課題にもチャレンジ【2】

横浜市会議員 木内ひでかず

4月7日号

「県民割」再開、28日まで

県議会議員いそもと桂太郎 県政レポート

「県民割」再開、28日まで

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

市政報告

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook