旭区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

(PR)

横浜市 住宅火災で死者増加 住宅用火災警報器の点検を

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
火災予防を啓発するポスター
火災予防を啓発するポスター

 横浜市では今年1月、住宅火災が29件発生し、4人が亡くなっている。この数は、昨年1年間の住宅火災による死者数(放火を除く)12人の33%に及ぶ。横浜市消防局は「毎年、冬期に多くの火災が発生しており、出火原因の上位は『たばこ』『コンロ』『ストーブ』です」と話し、火の取り扱いに注意を促している。

7日まで火災予防週間

 春季全国火災予防運動が3月1日から7日(日)まで行われている。

 旭区内では例年、旭消防署などが街頭で啓発活動を実施しているが、今年は新型コロナ感染防止のため、ポスターなどで啓発に取り組んでいる。また、同消防署では、住宅用火災警報器の設置と点検についても注意を呼び掛けている。すべての住宅で住宅用火災警報器の設置が義務付けられたのは、2011年6月。概ね10年が経過し、電池切れや部品の劣化が懸念される。火災で亡くなる原因で最も多いのは「逃げ遅れ」。住宅火災による死者のうち、多くは住宅用火災警報器が未設置だったという。「住宅用火災警報器は10年が交換の目安。設置と定期的な点検をお願いします」と同消防署職員は話す。

旭火災予防協会防災・防火で相互に協力「3・11東日本大震災を忘れない」

 旭火災予防協会(坂本武会長)は、240の事業所が加入する組織。会員相互の防火思想の高揚喚起と災害を防止し、事業の健全な振興発展と公共の福祉増進を目的に、火災予防広報、防災訓練や防火研修会など、地域・事業所の防火・防災事業を推進している。

 坂本会長は「今年で東日本大震災から10年が経過しますが、私たちはその教訓を忘れてはならない。先月も余震とみられる震度6強の地震が発生し、多くの被害が出ています」と地震への備えの大切さを話すとともに、「地震だけでなく、毎年、豪雨による被害も日本各地で発生しています。今はコロナ禍で厳しい社会情勢ですが、災害はいつ起こるかわかりません。このような時こそ、事業所相互が持てる力を合わせ、防火・防災の体制を築いておくことが重要だと思います」と思いを語る。

住宅用火災警報器の点検を促す署員
住宅用火災警報器の点検を促す署員
会員らが参加して行われた研修会
会員らが参加して行われた研修会

旭火災予防協会

横浜市旭区鶴ヶ峰1-4-12 (旭消防署内)

TEL:045-951-0119

旭区版のピックアップ(PR)最新6

引越し不要で自宅を現金化

戸建てもマンションも

引越し不要で自宅を現金化

新サービス「住んだまま買い取り」が好評

4月15日号

少人数で温かい葬儀を

家族葬テラス二俣川斎場

少人数で温かい葬儀を

家族葬専門ホール、相談無料

4月15日号

銀製品の買取強化中

査定・宅配・出張無料の買取店わかば 西友二俣川店3階

銀製品の買取強化中

5月10日まで、特別レートで買取

4月8日号

相続・遺言の相談会

相続・遺言の相談会

13日・14日 旭公会堂

4月8日号

こどもタウンニュースよこはま版

不動産問題に対応

不動産問題に対応

宅建協会が無料相談会

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter