旭区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

万騎が原中ソフト部 2人が県選抜メンバーに 27日から全日本大会

スポーツ

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
大会を前に意気込む野口さん(左)と仙波さん
大会を前に意気込む野口さん(左)と仙波さん

 万騎が原中学校ソフトボール部に所属する野口芽吹さんと仙波愛未さん(ともに同校2年)が、神奈川選抜チームに選出された。チームは神奈川代表として3月27日(土)から全日本大会に参加し、全国の都道府県代表らと日本一を争う。

 同部は過去に全国大会出場や、チームから日本代表が選出されるなどの実績を持つ。今年度も神奈川県大会を制し、関東大会に出場していた。

 今回、2人が神奈川選抜チームの一員として参加するのは、3月27日から福岡県で開催される「第17回都道府県対抗全日本中学生女子ソフトボール大会」。都道府県代表や開催地チームが出場し、日本一を争う。

 2人は11月に行われた選考会に参加。技能面を見る審査や、グループに分かれた試合などを経て、17人の選抜チームのメンバーに選出された。

 例年、同校の部員は選抜の選考会に全員参加。今年は13人のうち2人の選出となった。野口さんは「嬉しかったし、今年はチームに1年生が多いので負けないようにしたい」、仙波さんは「ピッチャーの中でレギュラーをとれるようにしたい」と、それぞれ選出された時の気持ちを話す。

「チームに貢献したい」

 野口さんはキャッチャーで同部のキャプテン、仙波さんはピッチャーを務める。選考後は合同での練習や練習試合などに参加しているが、コロナ禍で例年と比べると思うように練習時間が確保できていないのが実情だ。

 それでも日々の同部での練習から意識を高め、技術を磨くよう練習に励む。同部顧問の足立成広監督は「練習が少ない中で、どれだけ自分たちの力を出せるか。野口はキャッチャーとしてどれだけリードできるか、仙波はチャンスが来た時に力を発揮してほしい」と期待を寄せる。

 大会を前に「バッティングと守備でチームに貢献したい」と野口さん。仙波さんは「自分の力を出し切って、チームに貢献できるピッチングとバッティングをしたい」と話している。

 今大会には辞退などもあって39チームが参加。神奈川選抜は27日の初戦で長崎県選抜と富山県選抜の勝者と対戦する。
 

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6

二俣川郵便局が移転

二俣川郵便局が移転 社会

駅直結で利便性向上

4月29日号

「地域サロン」合同で企画

今宿「ケアプラ」「地区セン」

「地域サロン」合同で企画 社会

住民の新たな交流拠点に

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

現職2人と新人が準備

衆院選6区

現職2人と新人が準備 政治

立民・維新・自民の三つ巴か

4月22日号

「住み続ける」旭区がトップ

市民意識調査

「住み続ける」旭区がトップ 社会

「自然が身近」と回答3割

4月15日号

相鉄バスが自動運転試行

左近山

相鉄バスが自動運転試行 社会

今夏、営業運行の実験へ

4月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter