旭区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

神奈川県 決済アプリで消費喚起 最大2割のポイント還元

経済

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
かながわPayの画面イメージ
かながわPayの画面イメージ

 神奈川県は4月1日、新型コロナ感染拡大の影響で売り上げが減少する県内産業を支援するため、スマートフォン決済アプリ「かながわPay」を通じて決済額の最大20%の金額に相当するポイントを消費者に還元するキャンペーンを実施すると発表した。

 同キャンペーンに参加するには、スマホに同アプリと「はまPay」や「LINE Pay」をはじめとする対象のQRコード決済サービスのダウンロードならびに利用登録が必要。7月1日から9月30日までの間に同キャンペーンに加盟している店舗で同アプリによる決済を行うことで、還元ポイントが8日後に付与される仕組みだ。ポイント利用は11月30日まで。1ポイント1円で総額70億円分。一人あたり4000ポイントが上限だ。

 県は、県内にキャッシュレス決済を普及させる取り組みに力を入れ、県内事業者ともネットワークを持つ横浜銀行を代表機関とした「キャッシュレス・消費喚起事業共同体」に運営業務を委託。同アプリは6月下旬のリリースを予定する。

加盟店を募集

 県は現在、同キャンペーンに加盟する店舗を募集している。県内の事業者が対象で「感染防止対策取組書」の掲示が参加の条件。同キャンペーンの特設サイト(https://70cp.pref.kanagawa.jp/index.html)から申し込みができる。7月31日まで。県担当者は「コロナ禍で売り上げが減少する県内産業をキャッシュレスで支援していきたい」と話した。

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

法改正でイベント開催

運転免許センター

法改正でイベント開催 社会

寺尾聰さんが登場

5月19日号

3年ぶりの生け花展

あさひ茶花道協会

3年ぶりの生け花展 文化

21・22日 サンハート

5月19日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月19日号

家庭菜園のススメ

特別コラム

家庭菜園のススメ 社会

野菜ソムリエプロ 市内在住・緒方湊さん

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook