旭区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

市スポーツ協会 横浜から世界へ パラアスリートを支援

スポーツ

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
日向さん(右)と齊藤さん=提供写真
日向さん(右)と齊藤さん=提供写真

 横浜市スポーツ協会は4月30日、横浜ラポール=港北区=で「ドリームアスリート認定式」を開催。旭高校在学で瀬谷区出身の日向楓さんと、同区出身の齊藤元希さんがドリームアスリートに指定された。

 障がいのある子どもたちが夢や希望を持ってスポーツ活動に参加できるよう創設された「横浜こどもスポーツ基金」の一環。これまでに、各団体への助成や普及イベントの開催を行ってきた。今年度は、横浜から世界で活躍するパラアスリートを輩出しようと、ドリームアスリートプロジェクトを始動。指定された選手は、競技にかかる費用の支援やトレーニングサポート等を受けられる。

 日向さんは競泳(両上肢欠損)、齊藤さんは車いす卓球で国際大会の出場経験もあるなど、高い実績が評価された。式典では、同基金で幹事を務める高橋寛さんから記念品を手渡され、「楽しみながら全力でやっていきたい」と日向さん。齋藤さんも「素晴らしい機会を頂いた。より一層努力して精一杯活動したい」と活躍を誓った。同協会の担当者は「ドリームアスリートの先駆者として世界で活躍し、障がいのある子どもたちに夢や希望を届けてほしい」と期待を寄せる。

 今後、日向さんはジャパンパラ水泳競技大会(横浜国際プール)、齊藤さんはスロベニアオープンに出場予定。

旭区版のローカルニュース最新6

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

父の日にメッセージを

海のいきものSOS展

海のいきものSOS展 社会

ズーラシア、8月30日まで

6月10日号

50周年記念で風船飛ばし

笹野台小学校

50周年記念で風船飛ばし 教育

環境に配慮した素材用い

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

SDGsの小論文募集

SDGsの小論文募集 社会

25歳以下の若者が対象

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter