旭区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

(一社)横浜市私立保育園こども園園長会の会長を務める 大庭(おおば) 良治さん 横浜市在勤 62歳

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena

質の高い保育を

 ○…市内約730施設が加盟する横浜市私立保育園園長会。今年度から会名に「こども園」が加わった。待機児童や少子化、保育士の確保、コロナ対策など保育現場の課題に向き合い、会員間の情報共有や市への提言も積極的に行う。「世の中の変化に見合った対応が求められる時代。より質が高い保育を提供していきたい」と力を込める。

 ○…前職は音楽プロデューサー。3歳からピアノを始め、中学で作曲を学んだ。国立音大附属高時代、テクノに憧れシンセサイザー奏者の冨田勲氏に弟子入りしようと、アポなし訪問したことも。壁一面電子楽器で埋め尽くされた光景に衝撃を受け「その足で秋葉原にシンセを買いに走りました」と笑う。ニューヨーク大学で学んだ後、日本でソフトウエアの販売会社を起業。30代でイギリスを拠点に大手レーベルと契約し、自身のバンド活動と並行して国内外のアーティストに楽曲を提供。ロシアの歌手・スラヴァを見出し、日本で発売したCDが大ヒットに。日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム部門を受賞した。

 ○…神奈川区で50年間幼稚園を運営していた母の引退後、その跡地に市からの要請を受けて保育園を開園。43歳での思いがけない転身劇に「3人兄弟が全員海外で仕事をしていて、末っ子で唯一日本に会社があった自分が窓口に。深く考えずに始めたんですよ」と振り返るが、当時保育園では珍しい音楽や絵などの教育をいち早く取り入れ、今では5園を運営する。

 ○…英国で少年合唱団のプロデュースをしていた時。子どもたちが遊びの中で自然と個々の役割を果たしていることに気づき、幼児教育の大切さを痛感した。「人生のハードルに立ち向かい、乗り越えていく力を育んであげたい」

旭区版の人物風土記最新6

江下(えした) 光利さん

太鼓祭東日本・北日本大会 大太鼓一人打ちの部で優勝し、12月には「日本一決定戦」に挑む

江下(えした) 光利さん

緑区在住 24歳

9月23日号

木村 祐子さん

「ミセス・グローバル・アース神奈川大会」事務局を務める(有)シュート代表取締役の

木村 祐子さん

上白根町在勤 63歳

9月16日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月9日号

工藤 美代子さん

「みなくる」で開催している紙芝居原画展の展示作品「サッちゃんの馬頭観音」を制作した

工藤 美代子さん

保土ヶ谷区在住 67歳

9月2日号

清水 一二(かずじ)さん

写真家としてパラスポーツを約40年間撮影し続けてきた

清水 一二(かずじ)さん

白根在住 67歳

8月26日号

林 貴子さん

モヤ→キラ委員会@旭の委員長を務める

林 貴子さん

今宿在住 51歳

8月19日号

相鉄不動産販売

新サービス「住んだまま買い取り」引越し不要で自宅を現金化

https://www.sotetsu-re.co.jp/sell/sundamamakaitoriplus/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook