旭区版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

横浜市歯科医師会の会長を務める 吉田 直人さん 南区在勤 62歳

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena

生涯を支える歯科医に

 ○…約1700人が所属する横浜市歯科医師会は、休日夜間の急患や障がい児者、通院が難しい高齢者に訪問歯科診療を行うなど地域の歯科医療を包括的に支えている。入会してから約20年。歯科医師会の活動は自身のライフワークに。このほど会長に就任し「若い人や女性にも積極的に入会してもらい、その感性を生かしてもらえたら。歯科医として、やりがいを感じられる活動にしていきたい」と力を込める。

 ○…福島県出身。「小学生の頃、歯科医院で治療が終わると技工室に入ってずっと作業を見ていた。興味があったのは機械の方だったのに『この子は歯医者に向いている』と先生が親に言ったのを聞いてその気になっちゃったんですね」と笑う。一人っ子で実家は不動産業を営んでいたが「後を継げとは言われなかった」と感謝。日本大学松戸歯科部卒業後は、医局に残って歯科麻酔を専攻。30歳の時、南区六ツ川で『ナガタ歯科』を開業した。

 ○…20年前、叔父から引き継いだライカがきっかけでカメラが趣味に。散歩に携帯し、街の風景や何気ない日常を切りとるのが好きだという。「頑固で視野が狭くなりがち」と評する自身の性格も「レンズを通すと見方が変わる。常に広い視野を持っていたいので、私が使うのはいつも広角レンズなんですよ」と茶目っ気たっぷりに話す。

 ○…「生まれる前の妊娠期から最終期まで、その人の全てのライフステージに関われるのが歯科医の魅力。患者というより自分の親や子、孫みたいに思えてきて」と目を細める。そんな父の姿を見て育った一人娘も歯科医に。虫歯の予防から生活習慣の指導に至るまで「生涯にわたり患者の健康を支え続けるのが、真のかかりつけ医」と、熱い想いを口にした。

あさひ区民利用施設協会

スタッフ大募集!2022年1月5日応募用紙必着。045・360・3636

http://www.asahikushisetsukyoukai.jp/

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

13歳

12月9日号

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook