旭区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

東京パラ五輪を写した男―― 清水一二さん(白根在住)が語る

文化

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
大会の様子を振り返る清水さん
大会の様子を振り返る清水さん

 9月5日に閉幕した「東京2020パラリンピック競技大会」の舞台で活躍した選手たちの姿を、白根在住の写真家・清水一二(かずじ)さんが撮影した。「選手たちはもちろん、運営ボランティアのサポートも素晴らしかった」と振り返る。

 清水さんは写真家として、パラスポーツを約40年間撮影し続けてきた人物。日本人唯一のカメラマンとして1984年のインスブルックパラリンピックを訪問して以来、夏冬16大会を取材した。

 今回の東京パラリンピックでは8月24日の開幕式から会場入りして、大会中は22種目中12種目を撮影し、競技に打ち込む選手の真剣な表情にシャッターを切った。清水さんは実際に赴いて感じた大会の雰囲気について、「例えばフェンシングでは劇場のように光をあてるなど工夫されていた。『魅せるステージ』として楽しめました」と振り返る。

 陸上や自転車など様々な競技を取材する中で、「特に印象深かったのはボッチャや馬術といった重度の脳性麻痺の選手も参加する種目」だという。「海外選手の中には日本人選手よりもっと重い障がいのある方もいらして、皆いきいきと活躍されているんですよ」と話す。

ボランティアにも感動

 清水さんは選手はもちろんのこと、大会運営をサポートしたボランティアたちにも注目し称賛する。コロナ禍での開催という異例の事態の中、感染症対策を徹底し安全に大会を遂行しようと、その都度床を消毒液でモップがけする姿などを目の当たりにし、「日本ならではの安心感」を感じたという。

 報道陣も毎回PCR検査を行い、選手と距離をとって関わり合いをなくす対策が取られていた。「パラスポーツは特に周囲の方々のサポートが重要となるので、ボランティアの方々が会場運営を支えていらっしゃる姿は素晴らしく感動した」と語る。

 清水さんは2024年のパリパラリンピックで70歳の節目を迎える。「大会を経るごとに義足や車いすなどの補装具も進化していて、そこもパラリンピックならではの見どころのひとつだと思う。パリ大会にも足を運んで、選手たちの活躍する姿を撮影したい」と笑顔を見せた。
 

旭区版のローカルニュース最新6

「警戒はまだ必要」

「警戒はまだ必要」 社会

旭区医師会  一色聡一郎会長

10月21日号

定住意向、旭区市内1位

市民意識調査

定住意向、旭区市内1位 社会

7割以上が「住み続ける」

10月21日号

左近山で秋まつり

左近山で秋まつり 文化

10月31日

10月21日号

ズーラシア園長の「とっておき写真展ギャラリートーク」

【Web限定記事】

ズーラシア園長の「とっておき写真展ギャラリートーク」 社会

10月25日申込締切、参加費無料

10月21日号

親子で楽しむおはなしかい

【Web限定記事】

親子で楽しむおはなしかい 文化

10月27日 二俣川駅直結のサンハートで

10月21日号

旭区内で水道局員を騙る犯人による窃盗が発生、自転車盗などにも注意を

七五三のご祈祷受付

七五三のご祈祷は歴史ある白根神社で

045-951-1417

相鉄不動産販売

新サービス「住んだまま買い取り」引越し不要で自宅を現金化

https://www.sotetsu-re.co.jp/sell/sundamamakaitoriplus/

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook