旭区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

旭区内熱中症搬送 前年に比べ半減 猛暑日少なく気温 影響

社会

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

 今年5月1日から9月30日までの横浜市内の熱中症の救急搬送件数は775件(前年同期比509件減)、旭区内は50件(同49件減)で、それぞれ前年を大幅に下回った。今夏は最高気温35度以上の「猛暑日」が1日(同4日減)だったことなど、記録的な猛暑だった昨年に比べ気温が高くなかったことなどが数字に表れる形となった。

 気象庁の観測によると横浜市の5月1日から9月30日までの最高気温は、35度以上の「猛暑日」が1日(前年同期比4日減)、30度以上の「真夏日」が46日(同1日増)、25度以上の「夏日」が64日(同5日減)、25度未満の日が42日(同8日増)だった。

 旭区内の熱中症の搬送件数を5月から9月の月ごとでみると、前年を上回ったのは7月だけ。7月16日の梅雨明けのころから気温の高い日が続き、「真夏日」は前年同月比で14日増加していることなどが影響した。

80歳代が最多

 旭区内の搬送件数の年齢層別で最も多いのは「80歳代」の13件。次いで「40歳代」「20歳代」「20歳未満」が各7件、「50歳代」5件、「90歳代」4件、「70歳代」「60歳代」各3件、「30歳代」1件となった。症状別では、入院の必要がない「軽症」が30件で最多、生命の危険はないが入院が必要な「中等症」19件、生命の危険が切迫している「重篤」1件だった。今夏の救急搬送について旭消防署の担当者は「熱中症の搬送は昨年に比べ明らかに減少しました。しかし、今夏は新型コロナの対応にも追われました」と話す。

旭区版のトップニュース最新6

ハンガリー大使訪れ大会

旭区サッカー協会

ハンガリー大使訪れ大会 社会

コロナ禍で2年ぶり

12月2日号

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

12月2日号

地域と歩んだ半世紀

上白根中

地域と歩んだ半世紀 教育

23年の統合前に節目祝う

11月25日号

ステージのみ2月開催へ

旭区区民まつり

ステージのみ2月開催へ 文化

有観客で生配信も予定

11月25日号

コロナ禍の育児支援模索

あさひ子育て保育園ひろば

コロナ禍の育児支援模索 社会

遊びなど動画配信

11月18日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 社会

8割執行見込も減額調整

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook