旭区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

衆院選6区 現職2人と新人が出馬へ 10月31日投開票の見込み

政治

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena

 10月14日(木)に衆議院が解散され、19日(火)公示、31日(日)投開票が行われる見通しの次期衆議院総選挙。10月4日に就任した岸田文雄総理大臣の意向により、想定されていたより早い日程となる見込み。衆議院議員の任期満了後の選挙は現行憲法下で初となる。神奈川6区(旭区・保土ケ谷区)では、現職の立憲民主党・青柳陽一郎氏と日本維新の会・串田誠一氏、新人で前横浜市会議員の古川直季氏が立候補を表明している=10月11日起稿。

青柳氏(立民・現)

 現職の青柳氏は、現在3期目。2012年の衆院選で比例復活で初当選。17年の選挙では公明党の上田勇氏を破り、小選挙区で当選を果たしている。青柳氏は「3期9年地元選出議員として地域の課題、国の問題解決に取り組んできました。コロナ禍で困っているところに手を差し伸べるのが政治の役割。この姿勢を変えず4期目に挑戦していきたい」と話す。

串田氏(維新・現)

 串田氏は17年の選挙で県内唯一となる維新の候補として出馬。小選挙区では青柳氏・上田氏の得票には及ばなかったが、比例復活で初当選を果たした。串田氏は「国会では動物愛護に取り組んでいます。犬猫の殺処分ゼロ。動物虐待を取り締まるアニマルポリス。動物はモノではないとする民法改正。世界の流れアニマルウェルフェアを進めています」と話す。

古川氏(自民・新)

 新人の古川氏は、1995年以来、7期連続で横浜市会議員を務める。自民党神奈川県連が行った公募を経て、立候補予定者に決定した。古川氏は「横浜市会議員を7期・26年間務めさせていただき心より感謝したい。自民党・公明党連立与党の候補予定者として、コロナ対策と経済再生に取り組み、人の絆を大切にする国になるよう全力を尽くす」と話す。

 17年の前回選挙の6区は投票率52・39%(旭区52・67%、保土ケ谷区52・06%)だった。

旭区版のローカルニュース最新6

シンボル遊具、一時解体

上の原幼稚園

シンボル遊具、一時解体 教育

園舎リニューアルに伴い

1月20日号

新たに区内1者認証

新たに区内1者認証 社会

Y―SDGs第5回

1月20日号

旭区の町並み、記録に

鶴舞クラブ

旭区の町並み、記録に 文化

図書館などで掲示中

1月20日号

ポーズカフェに感謝状

左近山地区社協など

ポーズカフェに感謝状 社会

ケーキ切り落とし寄贈で

1月20日号

4施設合同でどんど焼き

清正会・清正学園

4施設合同でどんど焼き 文化

近隣小学生も招き交流

1月20日号

初開催の大池寄席

初開催の大池寄席 文化

立ち見客も多く賑わう

1月20日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook