旭区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある 青木 保潔(やすゆき)さん 矢指町在住 58歳

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena

犬は良きパートナー

 ○…盲導犬をはじめ、全国で数少ない介助犬・聴導犬の3種類の補助犬を日本で唯一育て、身体障害者に無償貸与している「日本補助犬協会」。2004年から同協会の活動に携わり、評議員を経て理事に。ペットも含めた犬と人間の共生社会推進を夢に掲げる。従来ボランティアの手を借りていたが、新型コロナの影響で現在は職員10人で犬の世話から事務作業までを担う。「コロナ禍で街頭募金もできない中、ネットで資金を募るなど工夫し今後への事業継承を図っている」と話す。

 ○…自身も盲導犬ユーザー。中学生から板書やサッカー部の夜間練習でボールを見えにくく感じ「近視か夜盲症だろう」と考えていたが、10代で運転免許を取ろうとした際に難病の網膜色素変性症と診断された。医師に「あと2年で失明する」と告げられ、仕事も遊びも精一杯に励んだ。幸い失明はしなかったが夜道でけがをしてから盲導犬に興味を持ち、06年に協会で育成した盲導犬のイザベラ、19年からはエマと暮らすように。「生き物なので手間も掛かるがそれ以上に癒される」

 ○…05年にNPO法人日本障害者支援協会を港北区で立ち上げ、障害者のスポーツ・芸術活動や小児臓器移植の支援などに尽力。08年以降は男性オペラ歌手ユニット・LEGENDやピアノデュオ・鍵盤男子の所属事務所代表として活動してきた。「私自身もフォークギターを弾いたり、コロナ前は盲導犬のエマを連れてコンサートに行くのが趣味だった」という。

 ○…今夏行われた東京2020オリンピックでは聖火ランナーとして、盲導犬のエマとトーチキスに参加。「補助犬の存在を多くの方に知ってもらいたくて」。”苦難福門”の言葉を胸に、パートナーの盲導犬と人生の荒波を乗り越えていく。

旭区版の人物風土記最新6

崔 成基(チェ ソンギ)さん

(一社)横浜青年会議所の第71代理事長に就任した

崔 成基(チェ ソンギ)さん

中区在住 38歳

1月20日号

秋山亭忠之さん(本名:秋山 忠之)

こども自然公園で初開催となる「新春・大池寄席」に出演し、講談を披露する

秋山亭忠之さん(本名:秋山 忠之)

柏町在住 59歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

最首(さいしゅ) 悟さん

横浜市YouTubeチャンネルで現在公開中の、「やまゆり園事件」に関する講演動画に出演する

最首(さいしゅ) 悟さん

白根在住 85歳

12月16日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

13歳

12月9日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook