旭区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長 及川 伊東志さん 白根在住 66歳

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

針で紡ぐ、人の笑顔

 ○…技能を用いる職業に25年以上従事し、優れた技術で県内の第一人者と目される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた。「一生懸命やってきてよかった」と顔を綻ばせる。高校卒業から45年、和裁一筋に精進。数多くある着物をほぼ全て仕立てることができ、綿入れ物や相撲の呼出しが身に着ける裁着(たっつけ)袴、様々な形の襟など、限られた和裁士が手掛ける技術を有する。「お客様から『及川さんに仕立ててほしい』と言われるのが喜び」。

 ○…新聞奨学生として高校入学を機に上京し、妙蓮寺(港北区)の店舗に下宿。配達先の顧客が和裁で黄綬褒章を受章したと新聞で知り、手に職を付けたいと入門した。「大学進学も考えたが、悪天候だと大変な新聞配達を続けるのが嫌で」。高校卒業後から住み込みで襦袢や浴衣などの基礎から学び、朝7時から真夜中まで「縫って縫って縫いまくる」毎日を過ごした。4年間の修業を経て独立後は、和田町(保土ケ谷区)の小さなアパートに道具を揃え呉服屋を何軒もまわり仕事を得た。「それから45年針で紡ぐ日々に感謝です」

 ○…岩手県出身、8人兄弟の7番目。幼少期から山が好きで山菜採りやイワナ釣りを楽しんだ。小学校高学年の時にはフキを学校に持っていくと買い取る制度があり、「自宅近くで熱心に採っていたら気付くと夜の真っ暗闇で家族に心配された」と笑う。中学では音楽好きを発揮し吹奏楽部でチューバを担当。県大会で優勝し東北大会出場の快挙も成し遂げた。

 ○…県和服裁縫協同組合理事長を務め2期目。全国の和裁士がさらに技を磨くための講習会を開催するなど技術継承にも尽力する。座右の銘は「忍耐と努力」。自身の培ってきた経験を次世代に受け継ぎ、和裁を絶やさない役目を邁進する。

9月4日 横浜開催セミナー

古くなったアパートのリスクと問題解決セミナー

https://ansapo.jp/semi/1919

<PR>

旭区版の人物風土記最新6

鈴木 清美さん

こども自然公園を18年にわたり、撮影し8月19日から募集開始の講座の講師を務める

鈴木 清美さん

南本宿町在住 63歳

8月11日号

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

万騎が原地域ケアプラザで浴衣の着付けと所作講座を行う日本舞踊師範の

水木 歌寿杏(かずあん)さん(本名:石川 江利子)

南本宿町在住 40歳

8月4日号

秋岸 寛久さん

作曲家として今宿地域ケアプラザでクラシック音楽鑑賞講座を行う

秋岸 寛久さん

中希望が丘在住 59歳

7月28日号

吉田 正利さん

横浜旭ライオンズクラブの会長に7月から就任した

吉田 正利さん

金が谷在住 46歳

7月21日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

保土ケ谷区在住 62歳

7月14日号

宮藤 涼一さん

旭区民文化センター・サンハートで銅版画の個展を開いている

宮藤 涼一さん

泉区在住 72歳

6月30日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook