旭区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

今年こそ、コロナ不安の解消を 持続可能な市政運営に向けて 横浜市会議員 こがゆ康弘

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 明けましておめでとうございます。皆様には新年を健やかにお迎えのことと心からお慶び申し上げます。昨年は新型コロナウイルス感染症が市内経済や市民生活に大きな影を落とす中、横浜市長選挙や衆議院選挙などが実施され、政治が大きく動いた1年間でした。それぞれの選挙では新型コロナ対策が争点となり、早期収束に向けた様々な施策が議論されました。その結果、横浜市では2回目のワクチン接種率が85%(12月14日)となり、新規陽性者数も低位で抑えられています。

 こうした中、新たな変異株「オミクロン株」への対策として、すでに2回目接種を終えた方も3回目接種を求める声が大きくなっています。横浜市では、2回目接種から原則8か月を経過したすべての方に接種券を送付し、この1月から本格的な接種がスタートします。【下記参照】

新たな会派の団長として

 一方、新市長のもとで新しい政策の方向性も打ち出されています(IRや新劇場の中止、”3つのゼロ”施策など)。しかし、人口減少・超高齢社会の到来により、市民サービスの維持・向上のための財源を確保することが非常に難しくなっているのが現実です。横浜市の持続可能な市政運営のためには、中長期的な財政ビジョンの明確化とそれに即した事業の選択と集中、税収増の仕組みづくりなどを一刻も早く具体的な政策として実行する必要があります。

 横浜市会は1月31日から第1回定例会が開会し、令和4年度の予算審議が行われます。新市長として初めての予算でありその真価が問われる重要な議会です。私こがゆ康弘は、昨年11月に「民主フォーラム横浜市会議員団」という新たな会派を結成し団長に就任しました。今議会では、コロナ不安の解消と安全・安心が実感できる地域社会の実現のために、市民目線で真摯な議論に臨んでまいります。

横浜市会議員 こがゆ康弘

横浜市会議員 こがゆ康弘 横浜市旭区二俣川1-5

TEL:045-366-9381

http://www.kogayu.net/index.html

旭区版の意見広告・議会報告最新6

「医療的ケア児支援」の充実

市政報告㉞

「医療的ケア児支援」の充実

横浜市会議員 木内ひでかず

5月5日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

身近な課題にもチャレンジ【2】

市政報告㉝

身近な課題にもチャレンジ【2】

横浜市会議員 木内ひでかず

4月7日号

「県民割」再開、28日まで

県議会議員いそもと桂太郎 県政レポート

「県民割」再開、28日まで

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

市政報告

「中学校給食の全員実施」と「3つのゼロ」実現へ

日本共産党横浜市会議員 かわじ民夫

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook